2015年10月28日

Fire TV Stick到着からプライムビデオ視聴まで

ついに国内上陸したAmazonのストリーミングプレイヤー「Fire TV Stick」が我が家に届きました。

RIMG0005.JPG

RIMG0006.JPG

RIMG0007.JPG

パカッと。ご対面。

RIMG0008.JPG

内容物はこんな感じ。今回は通常のリモコンモデルを購入しました。(別途音声認識リモコンモデルやオプションでゲームコントローラもあり)

RIMG0009.JPG

リモコンのサイズがなんとなくアレと似てるなと思い並べてみた図。第二世代Apple TVのリモコンとの比較です。

RIMG0010.JPG

リモコンのクリック感は、Apple TVのそれに比べるとマイルド。Apple TVのリモコンはカチッとくるのに対して、Fire TV Stickのリモコンはコツッと沈むような印象。

ではでは、セットアップしていきましょう。

HDMI端子に本体ブスッと挿し、電源ケーブルを挿し、液晶モニターの電源を入れました。

RIMG0005.JPG

リモコンに付属の単四電池を入れて、ペアリングさせます。

RIMG0006.JPG

言語の選択

RIMG0007.JPG

んで、ちょっとモヤッとしたところ。付属の電源アダプタを嫌ってAnkerの5ポート電源アダプタを使ってみた(ケーブルは付属品を使用)わけですが、PowerIQに対応したモデルのはずが何故かUSB電源が不十分という表示になりました。ただ、それでも先に進めるようなので進んでみます。

RIMG0008.JPG

ネットワークの設定。(画像略)

セッティング完了!Amazonアカウントと既に紐付いているのでログインは不要です。さすがAmazon。

RIMG0011.JPG

ネットワーク速度を確認されました。

RIMG0012.JPG

するとチュートリアルが再生されます。基本的な使い方なんかを教えてくれます。

RIMG0013.JPG

それが終わるとホーム画面に。こういう感じなんですねー。

RIMG0015.JPG

プライムメンバーなので、サービスが開始されたプライムビデオを見てみましょう。

RIMG0016.JPG

今期アニメの「ゆるゆり さん☆ハイ!」が既に三話までちゃんとありました。素晴らしい。

RIMG0017.JPG

再生してみたところ、テレビ視聴となんら変わらない品質で見ることが出来ました。途中で止まったりすることなく、画質も安定していて良かったです。

私は普段ニコ生のアニメ公式チャンネルでアニメを見ることが多いのですが、プライムビデオがなかなか使えそうなので、今後はもしかしたらニコニコのプライム会員やめるかもしれないですね…。

以上、Fire TV Stick着弾からプライムビデオ再生までの流れでした。







posted by tmo1201_blog at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

ネカフェ宿泊時の”歯磨きできない問題”への救世主?「【激落ちくん】歯磨きシート」を試してみた。

低価格に抑えたい一人旅、そんな時に心強いのがインターネットカフェ。←?
いまや全国主要な都市には大抵ネカフェが存在し、一泊くらいなら駆け込み寺的に使うということも可能です。

このブログでも、ネカフェに宿泊する上での心構えのような記事を書いたことがあります。

・ネカフェに泊まる前に知っておきたい7つのこと
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/398548439.html?1445844731


しかし、上記記事でも指摘していますが、ネカフェに宿泊するには、元々宿泊施設でないが故に超えなければならないハードルがいくつかあります。

その中の一つが歯磨きの問題。

当たり前ですが、ネカフェに洗面所なんてありません。席で歯磨きというのも、うがいができずに不便ですし、音が隣の迷惑になりそう。でもトイレでするのは…。

その”歯磨きできない問題”を解決してくれそうなアイテムを今回のネカフェ宿泊で実際に試してみました。

試したのはこちら。

RIMG0637.JPG

「【激落ちくん】歯磨きシート」というものです。

RIMG0638.JPG

激落ちくんというとお掃除用品のイメージが非常に強いわけですが、こういうニッチな製品も出しているわけですねー。くれぐれも受験生の方に渡したりしちゃあいけません。

RIMG0639.JPG

RIMG0640.JPG

RIMG0641.JPG

開けるとこうなってます。12個入りの個包装。

RIMG0642.JPG

パッケージはチャックがついていて、携帯時や保管時にわざわざ別のポーチに入れる必要がなく地味に便利。

RIMG0645.JPG

で、これが個包装のパッケージ。セーフティーにアレする時のアレに似た感じ…なんだと思います。何のことやらさっぱりですね。

RIMG0643.JPG

RIMG0644.JPG

中身のシートはこんな感じ。タフネスケースをつけたiPod touch(4インチ)との大きさの比較。

RIMG0005.JPG

使用方法に基づき、指に巻いてみる。

RIMG0006.JPG

指を一周させても余裕がある感じ。

手触りはウェットテッシュより柔らかめの印象。シートはちょっとミント系の匂いがする程度で、鼻を近づけないと匂いはわからない。

さて…いざシート歯磨き開始。

まず感じたのは、指で磨くのって意外と難しいなということ。歯ブラシの偉大さに気づきます。前歯は普通に磨けるものの、奥歯はどうしても指が届きにくい。あまり指を奥に入れると、舌に触れてしまってゲッホゴッホなりそうな気もする。

シートの耐久性は意外と高め。加減がわからなかったのでいつもの歯ブラシと同じような感じで磨いてみたものの、シートが破れてしまうことはなかった。

5分ほど磨いてみたところでシートを取り出してみると、それなりにシートが汚れていたので二枚目を投入。そこから3分ほどさらに磨き、トータル8分ほどで終了。

磨いた後はミント系の匂いのおかげか、歯ブラシで綺麗にした時と比べれば劣るものの、それなりに爽快感あり。ただ、歯間の汚れが誤魔化されたような気もしないでもない。

翌朝起きてからの口内の印象は、奥歯の裏のザラザラ感が若干気になった程度。シートで磨けたであろうところは、歯ブラシでちゃんと磨いた時の7割〜8割程度の爽快感。まあこんなもんでしょうか。

磨いてから気づいたんですが、シートで磨く前に何かしらのガムのようなものを先に噛んでおくと、もう少しマシになるんじゃないかなーと思いました。

とはいえ、水を一切使わずに(完璧ではないにしろ)それなりに磨けてしまうため、ネカフェ宿泊のマストアイテムと言えそうです。

個包装のパッケージも非常に小さくて薄いので、一つくらい財布にでも入れておくと突発的なネカフェ宿泊の際に役立つのではないでしょうか。非常用持ち出し袋に入れておくのもよさそうですね。ある意味サバイバルグッズです。



【関連記事】
ネカフェ泊の目覚まし時計にキングジムのめざましイヤホンが便利だった件
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/443676747.html
posted by tmo1201_blog at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきた系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

RICOH WGリストストラップマウントの意外と便利な使い方

先日のジャパンカップの動画は全てRICOHのアクションカム、WG-M1で撮影しました。

IMG_1740.JPG

このカメラについては以下記事に詳しく書いてあります。

自転車兼自動車用ドラレコとしてRICOH WG-M1(アクションカム)を導入(購入編)
自転車兼自動車用ドラレコとしてRICOH WG-M1(アクションカム)を導入(実践編)


さて、そのWG-M1のマウントのお話です。今回ジャパンカップを観戦するにあたり、「WGリストストラップマウント」というアクセサリーを購入しました。



内容物はこんな感じ。

RIMG0004.JPG

このように手首に巻き付けて撮影できるというものです。

RIMG0001.JPG

RIMG0003.JPG

RIMG0002.JPG

ただ、商品が届いて実際に試用してみたところ、ちょっと微妙かな?と思いました。WG-M1自体がそれなりに重いので、腕が疲れてしまうんですね。

沿道で応援する時にカメラを気にせずに撮影ができるのでは?と思って購入したわけですが、ちょっとそうはいかないようで。

そこで私、無い頭を捻り、ついに閃きました。



RIMG0649.JPG

沿道の柵に、本来手首を巻き付けるストラップ部分をくくりつけてみました。

こういうところでは三脚は邪魔になってしまうため、場合によっては禁止だったりもしますが、これなら大丈夫でしょう。カメラ自体も望遠レンズとかがついてるわけでもないので、選手と接触ということもありません。これによってハンズフリーで撮影することが可能になり、応援と撮影を同時に実現しました。

実際の映像がこちら。柵にくくりつけてあるので映像が安定していますね。



柵自体が揺れた場合でも手ぶれ補正が効くので、映像酔いにはなりにくいのではないかと。

製品の本来の使い方ではありませんが、ハンズフリー撮影という目的は実現したので満足です。










posted by tmo1201_blog at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする