2015年10月20日

2015ジャパンカップサイクルロードレース観戦記

ジャパンカップサイクルロードレース、今年も行ってきました。

JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE
http://www.japancup.gr.jp

昨年は二日目のロードレースのみ観戦してきましたが、今年は贅沢にも両日観戦してきました。結果論ですが、この判断はマジで正解でしたね。







宇都宮オリオン通りはジャパンカップ一色。

RIMG0646.JPG

ブース出展も目立ちました。

RIMG0647.JPG

さて、一日目のクリテリウムを楽しみましょうっと。ドンキホーテでご飯買って観戦場所を確保しましょう。



なんとか観戦場所確保。観戦場所の確保も年々大変になってきてるような。



観戦場所はゴール手前400mくらいの位置。スプリントに向けての位置取りが動く、なかなか面白い場所だったんじゃないかと思います。

ではでは、視界をお裾分け。

パレードランの様子↓


レースの様子↓


…で、そのクリテリウムの結果ですが…もうわざわざここで詳しく書くこともないかと思いますが、別府史之選手が優勝!!ジャパンカップクリテリウム初の日本人優勝の瞬間をこの目で見てしまいました。(ゴールの瞬間は見れない位置だったけど)




実は、「ジャパンカップでそろそろ日本人選手に優勝して欲しいなー」と思って、わざわざAmazonで日の丸ポチったばっかりだったんですよね。まさかの日の丸デビュー戦にていきなり勝つという謎の快挙w願掛けで今後も持ち込むことにしますw

因みにこちらから購入しました。買っとくといいことあるかもしれませんよw




別府選手が優勝ということで、当然のごとく表彰式も見ました。遅い時間でしたけど。いやー、めでたいめでたい。

RIMG0648.JPG

そして明日の本戦に向けて宿へ。宿って言ってもいつも通りネカフェです。




田舎のネカフェって安いですね。今回飲食代とか全部含めて3200円で済みました。

翌日。





シャトルバスで森林公園へ向かいます。




バス酔いやらかしそうになりました。排ガスが臭いのと、MTバスだったからかと分析しています。いやー、しんどかった。

で、観戦場所確保。



今回、豪雨の影響で鶴カントリークラブ前の登りが使えず、例年で言うところの最終周回のコースをずっと周回するコースへと変更になりました。そのため、古賀志林道の登りはきっと混むんだろうなーと想像し、そこは初見の方に譲ることにしました。まあ実際のところTwitterの画像とか見る限りでは、古賀志一極集中ってほどでもなかったようですけどね。




観戦開始。観戦ポイントでの定点映像がこちらになります。



結果は既報の通り、新城幸也選手が三位という結果でした!三位という結果以上に、今までにはなかった、「あれ、これ日本人優勝いける…?!!!」という期待を持たせる走りに会場が一体となっていたのが印象的でした。プレスの動きとか、なんかすごく慌ただしい感じで。惜しくも三位でしたが…このドラマの続きは絶対にあると確信しました。もうこれは毎年見に行かないといけないw

さて…二日間のドラマは幕を閉じました。



昨日あんなにジャパンカップ一色だった宇都宮駅前大通りを歩きましたが、「ああ、いつもはこんな感じなのね」と思わされるほど普通の風景。オリオン通りはバナーの撤去が始まっていて、日常ってこうだよなと。

改めて思うのは、公道でレースが行われるという、ある意味での「異質な空間」が毎年実現されていることの素晴らしさですね。本当にたくさんの方々の協力あっての公道レースです。それを毎年のように見られる(今回なんてとくに、直前に豪雨被害がありましたし)喜びを、私たちはもっと意識しないといけないんだと思います。

名残惜しいけど、そんな宇都宮にまた来年も行こうと思いながら餃子でも食べましょう。




…ごちそうさまでした。また来年も宇都宮行きます。



・合わせて読みたい
GIANT MR4初輪行
ネカフェに泊まる前に知っておきたい7つのこと


posted by tmo1201_blog at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

貴重なiPod touch用タフネス系ケース「Survivor All-Terrain FOR IPOD TOUCH (5TH/6TH GEN.)」

ちょっとブラブラしてたら、ドン・キホーテのスマホ用品売り場のワゴンセールで目に止まる物を発見したので確保してきました。

RIMG0608.jpg

RIMG0609.jpg

GRIFFINという海外のスマホケースブランドのSurvivor All-Terrain FOR IPOD TOUCH (5TH/6TH GEN.)(長い)という製品です。1500円だったので買ってしまいました。

名前からも見た目からもわかるとおり、タフネス系のケースです。

RIMG0611.JPG

DESIGNED TO MEET US MILITARY STANDARDSだそうです。実に説得力があります。強そう。

実際”強そう”というか”強い”みたいで、有志の方が行った落下テストでもその強さが証明されています。(こちらは同シリーズのiPhoneケースの動画です。)



・外観

ケースはこのように三層構造になっています。

RIMG0634.JPG

右が衝撃からデバイスを守るシリコン製のベース部分、真ん中が雨風からディスプレイを守るシールド部分、左がそれらの結合を強化し、ベルトなどに挟み込めるようにするクリップ部分です。

全部合体するとこうなります。

RIMG0621.JPG

RIMG0622.JPG

RIMG0623.JPG
クリップは90°回転します。

RIMG0624.JPG
ケースの厚みが増すため、ホームボタンには出っ張りがついてます。

RIMG0626.JPG
各種ボタン類もしっかりと保護。

RIMG0625.JPG

RIMG0628.JPG
端子には一つ一つキャップがついています。

RIMG0629.JPG
L字プラグのイヤホンを挿してみました。一応挿すことはできますが、キャップが邪魔であまり実用的ではありません。Bluetoothイヤホンなりスピーカーなりを使えばいいんじゃないかと。

RIMG0630.JPG
今度はクリップを外してみます。

RIMG0633.JPG
Lightning端子にもキャップ。イヤホンジャックと同じく、充電の際の面倒臭さは否めません。こればっかりは仕方ない。

RIMG0631.JPG
背面のデザイン。

RIMG0632.JPG
カメラもカバーされています。私のiPod touch 5thはレアな背面カメラなしモデルなのでカバーで隠されてる方がむしろすっきりしますね。

・使ってみた感想

とりあえず勢いで買ったわけですが、ちょっとこの水色は強烈だったかなと若干反省中。水色がちょうど最後の一個だったのでつい。まあ無くしにくいというメリットはありますね。

ケースの厚みですが、当然ながらかなり分厚くなります。スマホ片手持ち原理主義の私としては意に反するもの(完全に片手で弄れないわけではない)ですが、そもそもズボンのポケットには入らず、使うタイミングが限られ、両手が使えるタイミングにしか使わないようになるので結果的にはまあいいかなと。

で、ポケットに入れないならどこに入れるのかという問題になりますが、まずはクリップを活かしてメッセンジャーバッグにつけてみました。

RIMG0620.JPG

まあ悪くないですね。ただ、私既にメッセンジャーバッグのベルトにデジカメのケースつけてて、さすがにベルトに二つもガジェットくくりつけるのはなあwと思い、やめました。

そうなると鞄に入れるわけですが、ここでもちょっと困ったことが。例のホームボタンのカバーの出っ張りのせいで鞄の中でSiriさんが勝手に召喚されまくるのです。入れ方を考えればなんとかなるわけですが、なんとかならないものか…。やっぱりベルトマウントなのか。

あともう一つ。ディスプレイの話なんですが、画面端ギリギリまで保護されているので通知センターとかコントロールセンターへのアクセスが非常に難しいです。指でクイッとやってもなかなかうまくいかないので、ホームボタン三回押してアクセシビリティから呼び出してます。

あとは先述した通り、キャップ類の面倒臭さ。このあたりは機能とのトレードオフになってしまいますが。

とはいえ、あまりケースに恵まれないiPod touchのタフネス系ケースというのは非常に貴重です。まだうまい使用法を思いつかないですが、タフネスを活かした使い方を見つけられるとなかなか便利なんじゃないかと思いました。












posted by tmo1201_blog at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

約6年間もの"タブー"との葛藤の末、iPad Keyboard Dockはついにキーボードショートカットを獲得した。

先日提供されたiOS9から、iOSにおけるキーボードショートカットがようやく解禁されました。(正確に言えば本格的な解禁と言うべきでしょうか。)

スクリーンショット 2015-10-04 22.40.10.png

iOS 9 - 新機能 - Apple(日本)
http://www.apple.com/jp/ios/whats-new/


Apple的にも、初代iPadを発表した当初からキーボードショートカットの解禁については考えていたでしょう。というのも、初代iPadの時からこんな周辺機器があったわけですから。

1D7DE716-D6D1-4981-B2E7-E8E6BD959C9A.jpg

iPad Keyboard Dock。iPadをガチャコンとハメて文字打ちができるというものでした。Apple純正というだけあって、iPad専用のショートカット(ホームボタン機能、明るさ調整機能など)がファンクションキーに割り当てられていて、これはこれで面白かったわけです。

F4FF2E8F-6A47-4D6E-98DF-D326E2661B1B.jpg

575C0AA6-6CD5-4ADA-A224-B1AC91E4BF3F.jpg

8F57868F-6691-4DB9-BAC1-324C5EE9A873.jpg

とはいえ、実用性があるかと言えば、モバイル向きでないやけに嵩張る構造、押しても何の機能も割り当てられていないコマンドキーやタブキーなど、ちょっと謎な製品でもありました。ジョブスご存命の時代にしちゃあ随分と乱暴な製品だなと思うわけですがw

そんな迷走もあってか、iPad Keyboard DockはDockバージョンの製品が一度出たきりで、LightningバージョンのKeyboard Dockが出ることはありませんでした。今回のiOS9新機能紹介ページにロジテックのキーボードが使われているのは実に象徴的です。

さあ、そんな「まるで紙のような魔法のデバイス」を目指した、iPadにおけるある意味での”タブー”との葛藤の末、ついに本来の機能を手に入れたiPad Keyboard DockをiOS9の入ったiPad2にガチャコンしちゃいますよ。

一つの歴史的瞬間です。

…ガチャコン。

IMG_1907.jpg
command+tabでタスク切り替え!すごいぜ!

IMG_2073.jpg
カチャカチャっとタスクが切り替わる。

IMG_2072.jpg
メモアプリでのキーボードショートカット一覧。フォントも変わるぜ!

IMG_2074.jpg
もちろん定番のコピーアンドペーストだって!

IMG_2075.jpg
指で”コピー”とかいちいち押さずに!

IMG_2076.jpg
ショートカットだけでできるんだぜ!!すげえ!!!

他にも他にも!safariだって!command+Rとかcommand+Fとかできるらしいぜ!!!




………遅いよ!!!もっと早く出してくれよ!!!


因みにiPad2でのキーボードショートカットの動作ですが、コピーアンドペーストは普通にストレスなく使えます。ポメラっぽい使い方で生かすのも面白いかも。タスク切り替えは、アプリの立ち上がりが不安定なのでメリットなし。まあいいお歳ですから。safari?どうせ落ちるので立ち上げる気にもならないです。

まあ、こんなふうにdisれるのも、iPad2にiOS9のアップデートが降ってくるからなんですけどね。そろそろほんとにヤバいから買い替えなきゃとか言いつつも、ストレスフルながらも未だになんとか使えちゃいますし。(もちろん用途は絞るけど)

キーボードショートカット、A7Xチップ以降の世代だとなかなか快適に使えそうで羨ましいです。





しかし、次期タブレット、本気で考えてはいるんですがどうしようか迷います。

・関連記事
今更ながらiPad keyboard dockを買ってみた




posted by tmo1201_blog at 12:15| Comment(1) | TrackBack(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする