2016年05月17日

クイックリリース不要説

その昔、トゥーリョ・カンパニョーロは、冬の手のかじかむ時期でも容易にホイールを脱着できるようにするべく、クイックレバーを発明しました。

写真.jpg

今日のロードバイクでも採用されているこのホイール脱着システムの発明は、サイクルロードレース界における革命的・飛躍的進化であったと言えます。さすが自転車大国イタリア。カンパニョーロさんを褒めよ、讃えよ。

…さて、そんなクイックリリースですが、本当に必要でしょうか。

「カンパニョーロさん褒めた直後にいきなり否定かよ!」と思うかもしれませんが、私が否定しているのはクイックリリースの存在意義そのものではなく、使うシーンの方です。

つまり、パンクした時に手を挙げるだけでチームカーから替えのホイールを持ったメカニックが猛ダッシュで飛び出してくるというある意味で特殊なシーンを除けば、クイックリリースは不要なのではないかという話です。

先日、GIANT MR4にこちらのスキュアを取り付けました。

RIMG0087.jpg

BBBのWHEELFIXED BQR-03という型番のものです。お値段は2000円ほど。

RIMG0094.jpg

RIMG0095.JPG

このスキュアはストレートに言ってしまえば、クイックリリースからクイックレバーを取り除いたものです。脱着には4mmのアーレンキーを必要とし、ホイールの脱着には多少の手間がかかります。

RIMG0096.JPG

「脱着に手間がかかるだけでメリットはないし、クイックで良くね?」という方へ向けて、このスキュアを取り付けることで得られたメリットを書いてみます。

・クイックレバーへのイタズラ防止
IMAG0008.jpg
イタズラなのか自分で締める時に間違えちゃってるのかはわかりませんが、クイックレバーが変な角度を向いてしまっているクロスバイクやロードバイクをたまーに見かけます。クイックレバーの向きというのは非常に重要で、誤った角度にレバーが装着されていると、障害物等と接触した際にレバーが解放されてしまい、思わぬ事故の温床となることがあります。このスキュアを使えば、駐輪中に何者かによってクイックレバーを素手でイタズラされる心配がなくなります。

・ホイールの確実な取り付け
RIMG0088.jpg
クイックリリースを正しいトルクで締め付けるには実はけっこうな力が必要で(ショップに自転車を預けたらクイックレバーが硬く固定されて返ってきたなんて経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。)、握力が少ない人にとってクイックリリースを正しいトルクで締め付けるのは非常に困難だったりします。比較的力を加えやすい4mmのアーレンキーを使って締め付けるこのスキュアは、クイックレバーに比べて少ない力で確実に締め付けることが可能です。

・多少の盗難防止効果
IMG_1866.jpg
脱着にどこでも売ってる4mmアーレンキーを使用するので、あまり手放しに効果が高いとは言えないのですが、ホイールの盗難防止(抑止?)効果は多少期待できます。例えば、ショップの前に置いてあるようなサドルを引っかけるようなタイプのバイクスタンドに自転車を駐輪する際、自転車のフレームにカギはかけるでしょうが、カギの取り回しの関係上、なかなかホイールにまでカギが届かないなんてことも多々あります。そんな時にこのスキュアが装着されていると、少なくともクイックリリースを使っている時よりは安心できます。

・多少の軽量化
RIMG0097.jpg
こちらもあまり効果が高いと言うことができないのですが、レバーがない分、ほんの少しだけ軽量化が可能です。一般的なクイックリリースの重量が前後ペアで120g程度のところ、この製品は前後ペアで78gと多少軽くなっています。もちろん、チタン製の軽量クイックリリースなんかだと前後ペアで40g程度のものが多く、とても手の届かない壁を感じますが、同時にそのような軽量クイックリリースは平気で1万円くらいするので、2000円程度出すだけで40g程度軽量化できるこのスキュアはコストパフォーマンスに優れていると言えます。(また、軽量クイックリリースは締め付けに問題があると指摘されることも多いようです。)

・バイクスタンドへの収まりの良さ
写真.jpg
これは本当に副副産物的なものになるのですが、室内用のディスプレイスタンドの定番商品のミノウラ製バイクスタンドへの収まりがよくなります。クイックレバーが邪魔にならないからか、ガポっと気持ちよくすぐにハマってくれます。クイックリリースを使っていると、たまに一回でスタンドにハマらないことがありますが、そういうのって意外とストレスだったんだなということに気づかせてくれました。細かいメリットですが、毎日乗る人にとってはありがたいものだと思います。



…以上の観点から、特定の特殊なシーンを除き、クイックリリース不要説を主張したいと思います。まあ、通常のクイックリリースに戻したければすぐに戻せるわけなので、一度試してみるといいんじゃないかと思います。(雑)



【合わせて読みたい】
自転車盗難危険度を判定してくれるアプリでまずは心構えから。
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/406631406.html?1458575410
大切な愛車を守るためABUS Ultra Mini 410 SH(180mmモデル)を購入
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/435427983.html?1463470512
posted by tmo1201_blog at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

「ばくおん!!」6話に登場した船橋オートを聖地巡礼 #ばくおん

「先輩、覚えてる?昔、千葉のオートレースを見に行ったこと…。」


何の気なしにAmazonプライムビデオで「ばくおん!!」を見ていたら、校長(かわいい)がいきなりこんなこと言って、「えっ?それってもしかして…?」と思ったら、次の瞬間には見慣れた景色が流れていました。


同じようなアングルで撮った実際のふなばしオートの入り口ゲートがこちら。ホンモノはちゃんと”ふなばしオート”ですw

RIMG0080.jpg

遠くからでも黄色で目立つサテライト船橋も劇中の背景に出てましたね。

RIMG0081.jpg

船橋オートの周辺はそこそこ近所で、けっこうな頻度で前を通過します。見慣れた景色がアニメに描かれているとなんだか不思議な感覚を覚えますね。

”オートレース発祥の地”である船橋オートは、2016年3月21日、65年という長い歴史に幕を落としました。遅かれ早かれ、今後施設は取り壊されるのでしょうから、「ばくおん!!」の聖地巡礼をしたいという方は今のうちに行ってみることをおすすめします。

船橋オートは京葉線南船橋駅から徒歩2分程度。



近くにはららぽーとtokyo-bayやIKEA tokyo-bay(”IKEA船橋”から名称が変わりました。)もありますので、ちょっとした買い物ついでにでも是非お立ち寄りください。…と、船橋市民の私が申しております。



…鈴乃木凜ちゃん派です(ボソッ
posted by tmo1201_blog at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきた系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする