2016年07月04日

夏場のクラムシェルモード運用の熱対策としてUSBファンを購入

IMAG0079.jpg

普段からMacBook Proを外に持ち出さない私は、MacBook Proをクラムシェルモードで運用しています。クラムシェルモードとは、MacBookを外部ディスプレイに接続し、デスクトップPCのように使うモードのことを言います。

クラムシェルモード運用をすると、外部ディスプレイに接続することで作業領域が大幅に改善されるなどメリットが多くありますが、これからの時期特有の弱点があります。それが廃熱の問題です。

私のMacBook Proはキーボードのある面から廃熱をしているようですが、クラムシェルモードは完全にフタを閉めて使うものなのでどうしても熱がこもってしまい、パフォーマンスにも影響が出てきてしまいます。

そこで、今までは普通の扇風機をMacBook Proのある方向に当ててみたりもしていたんですが、これではあまり効率よく廃熱ができないようで、暑さが酷くなってくる夏の後半時期ともなると、MacBook Proがハンパない熱を持っていて、バッテリーパックの劣化が心配になるレベルになっているということも多々ありました。

そしてようやく今年、デスク用のミニUSBファンを購入してきました。(もっと早く買えよ!)

IMAG0086.jpg

購入場所は秋葉原「あきばお〜8号店」。購入価格は税抜き300円。SANHUAI A18というメーカー名と型番(?)からググってみたものの、よくわからない海外通販のページばっかりヒットして詳細は不明。箱には一応MADE IN CHINAと表記がありました。

本体はこんな感じ。金属製の筐体がちょっとレトロかも?

IMAG0080.jpg

首振りはできませんがヘドバンはできます。

IMAG0082.jpg

IMAG0081.jpg

ちゃんとオンオフスイッチがついてます。「ゼロとイチしか俺は知らねえな。風量調整?タイマー?なんだそれ?」と言わんばかりのシンプル仕様。

IMAG0083.jpg

ケーブル長は約80cm。クラムシェルモードの熱対策で使う場合はMacBookからUSB電源を取ったら意味がないので他から取りましょう。

IMAG0084.jpg

スイッチをオンにしてみると、想像していたよりは強い風が吹いてきました。このサイズの扇風機としては優秀な部類なのではないでしょうか。しかし体に当てて涼しいかと言われると微妙な感じ。

それよりも驚いたのが静音性。もちろん多少のノイズこそありますが、不快に感じるようなものではなく、音によって作業の集中力を削ぐようなことにはならなそうです。

実際にMacBook Proに風を当ててみると、手で触ってわかるレベルで廃熱がうまくいってるのがわかりました。これで今年の夏は乗り越えられそうです。

IMAG0078.jpg

posted by tmo1201_blog at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする