2015年07月17日

【訃報】Polaroid piguディスプレイが死亡。およそ四ヶ月の早過ぎる死に全俺から驚きの声。

そんな馬鹿な…

Polaroid piguは満足。ただし道具として。
↑こんな記事を書いて間もない感じですが、気に入っていたPolaroid piguが壊れてしまいました。

現在の症状はこのような感じ。







ここまでは余裕かましてます。しかしすぐに深刻な事実に気づいてしまうのです。









ググってみた結果、どうやら同じような例は他でも起きているようで…

Polaroid piguは中国の低級品(!_+) (My Garage Houseさんから)
夜寝る前に充電器に接続して翌朝電源入れたら症状が出たのに、輸入業者のクロスリンクマーケティング株式会社から、「お客様が落としたと判定しました。」と責任転嫁メールが来てました。
引用元; http://www.smc.or.tv/diary/index.cgi?no=532


とのことで、保証もちょっと受けられそうにない…。うーん、困った。追記(2015/08/16)

サポートから正式な死亡宣告がありました。液晶が割れてる限りは無償交換扱いにならないそうで、交換してほしい場合は6000円払ってくれとのことでした。5000円で買った端末を6000円で再購入するのはさすがにアホくさいので見切りをつけました。短い付き合いでした。
posted by tmo1201_blog at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422529501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック