2015年08月16日

今更ながらスマOFFでacer liquid z200を入手

先日お亡くなりになったPolaroid piguですが、サポートから正式な死亡宣告がありました。液晶が割れてる限りは無償交換扱いにならないそうで、交換してほしい場合は6000円払ってくれとのことでした。5000円で買った端末を6000円で再購入するのはさすがにアホくさいので見切りをつけました。短い付き合いでした。

さて、Android4.4端末が手元からなくなってしまったので、他の端末を手に入れなければなりません。(?)ただし私にはお金が無い。と思っていた時に思い出したのがスマOFFでした。

スマオフ|BOOKOFFの格安スマホ
http://mobile.and-market.com/bookoff/


なんと、古いスマホをブックオフに売ると新しい端末が貰えるというキャンペーン。太っ腹です。

キャンペーン登場当初はちょっと話題になりましたが、”当時は”付属データSIMの二年縛りがあったため「微妙じゃね?」という空気が流れてしまい、結局あまり浸透することはなかったように感じます。

ところが状況は変わります。15年4月に二年縛りが撤廃されます。

ブックオフの格安スマホ“2年縛り”撤廃 標準SIMからmicroSIMに変更 - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/01/news098.html


そしてさらに状況が変化。15年7月から高速データ通信量が70MB/日から140MB/日に増量。

ブックオフの「スマOFF」、データ容量を1日140Mバイトへ増量 - ITmedia Mobile http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1506/30/news099.html


このようにキャンペーン開始当初からジワジワといい感じに改良が加えられてきています。MVNO戦国時代の昨今ですが、改良が加えられた現行スマOFFはその中でも充分に戦えそうな気がします。

というわけで、実際に端末を売ってきました。売った端末はSoftbankの007HW visionです。

IMG_1412.JPG

世界初のラウンドディスプレイを搭載したスマートフォンで、コレクション的な感じで手元に置いておいたわけですが、Android2.3だったり動作が重かったりでいまいち活用方法が見いだせていませんでした。このまま置いておくなら…と売ってしまいました。

査定の結果、800円の値がつきました。まあこんなもんでしょう。値がつくだけマシです。そこで査定金額と端末無料引き替え券をゲットし、契約カウンターへ向かいました。

契約カウンターに向かうと、店員さんが業務用PCを取り出して対応してくれました。何使ってるのかなーと思ったらまさかのacerのC720というChromeBook。おそらくacerさんの意向でこうなってるんでしょうね。徹底してます。

ただ業務用ルーターの調子が悪いとかで結構な時間待たされてしまいました。店員さんもChromeBookに慣れていないというのもあったかもしれません。契約自体もあまりスムーズでなく、やっぱりあんまり契約取れてないのかな…?と察することになりました。まあそもそも本業じゃないですし仕方ないですね。

とまあそんな感じで手に入れたのがこちら。

IMG_1839.JPG

端末の使用感などは別記事で書こうと思います。









posted by tmo1201_blog at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424267269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック