2015年09月15日

サンコーレアモノショップの「ちょっと持って手!」を使ってみた雑感

先日の都内散策で買ってきたブツの話でもしましょう。




買ってきたブツはこちらです。

IMG_2071.JPG

サンコーレアモノといえばこの商品のイメージがあります。「ちょっと持って手!」を購入しました。

横向き&仰向け ゴロ寝スタンド「ちょっと持って手!」 サンコーレアモノショップ #サンコーレアモノショップ http://www.thanko.jp/product/5106.html


購入理由としては、そろそろiPad2さんが限界なので、出口戦略を見つけていきたいという考えからでした。

もうだいぶ動作がガクガクで、使い方を手加減してても簡単にアプリは落ちるし、ヘタすればリブートかかっちゃいますからねー。もう下取り価格も期待できませんし、こうなったらどうやって延命させるかを考えるしかないでしょう。

さて、組み立てます。組み立て自体は長くても10分かからない感じです。一部工具を使う場面がありましたが、工具は付属しているので安心です。

完成した図。

RIMG0005.JPG

座椅子に座った状態で、目の前にiPad2があるという環境を実現しました。だいたい購入前のイメージと同じような具合に設置できて満足です。


さて、ここからはこれを実際に使ってみた感想です。二点ほど、「ちょっと考えればわかっただろ!」的な理想と現実があります。

・わりと脱着面倒くさい
購入前は頻繁に脱着して使うのをイメージしていたのですが、面倒ですねこれ。結局今ではiPad2を常にマウントさせている状態になっています。これではタブレットというよりは据え置きPC状態です。タブレットとしての魅力は半減してしまうかもしれません。メインタブレットで「持って手!」を使うのはおすすめしません。

・わりと腕が疲れる
「持って手!」に持っててもらうのはいいんですが、アプリを選ぶ際などのタッチ操作が億劫になります。見やすい位置にタブレットをマウントすると、自然とタブレットと腕の位置関係は離れていきます。結果、腕を高く上げて操作することになり、腕が非常に疲れます。きっとマウスの偉大さに気づくことになるでしょう。androidタブレットやwindowsタブレットなら外部マウスに対応している機種があるので無関係でしょうが、iOSだと避けられないデメリットですね。


上記二点のデメリットを鑑みるにあたり、次の結論が見いだせます。

必要なのは用途を絞る勇気

長時間画面を触る必要がないコンテンツをごろ寝しながらだらーっと見るにはこの上なく便利なグッズだと思います。例えば、 twitterのタイムラインをずっと流しておくとか、ニコ生見る(コメントは諦めましょう)とか。そこにメリットを感じるなら「買い」でしょう。

私の場合はちょうどiPad2の良い延命法になったと思うので良かったのですが、万人受けするものではないので、そこは用途としっかり相談する必要がありそうです。

というわけで、簡単ですがサンコーレアモノショップの「ちょっと持って手!」を使ってみた雑感でした。



【関連記事】
・ベルトを付けてパターンをブレイクする旧世代iPad用ケースを試してみた
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/429641367.html?1447581429
posted by tmo1201_blog at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426117808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック