2015年10月26日

ネカフェ宿泊時の”歯磨きできない問題”への救世主?「【激落ちくん】歯磨きシート」を試してみた。

低価格に抑えたい一人旅、そんな時に心強いのがインターネットカフェ。←?
いまや全国主要な都市には大抵ネカフェが存在し、一泊くらいなら駆け込み寺的に使うということも可能です。

このブログでも、ネカフェに宿泊する上での心構えのような記事を書いたことがあります。

・ネカフェに泊まる前に知っておきたい7つのこと
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/398548439.html?1445844731


しかし、上記記事でも指摘していますが、ネカフェに宿泊するには、元々宿泊施設でないが故に超えなければならないハードルがいくつかあります。

その中の一つが歯磨きの問題。

当たり前ですが、ネカフェに洗面所なんてありません。席で歯磨きというのも、うがいができずに不便ですし、音が隣の迷惑になりそう。でもトイレでするのは…。

その”歯磨きできない問題”を解決してくれそうなアイテムを今回のネカフェ宿泊で実際に試してみました。

試したのはこちら。

RIMG0637.JPG

「【激落ちくん】歯磨きシート」というものです。

RIMG0638.JPG

激落ちくんというとお掃除用品のイメージが非常に強いわけですが、こういうニッチな製品も出しているわけですねー。くれぐれも受験生の方に渡したりしちゃあいけません。

RIMG0639.JPG

RIMG0640.JPG

RIMG0641.JPG

開けるとこうなってます。12個入りの個包装。

RIMG0642.JPG

パッケージはチャックがついていて、携帯時や保管時にわざわざ別のポーチに入れる必要がなく地味に便利。

RIMG0645.JPG

で、これが個包装のパッケージ。セーフティーにアレする時のアレに似た感じ…なんだと思います。何のことやらさっぱりですね。

RIMG0643.JPG

RIMG0644.JPG

中身のシートはこんな感じ。タフネスケースをつけたiPod touch(4インチ)との大きさの比較。

RIMG0005.JPG

使用方法に基づき、指に巻いてみる。

RIMG0006.JPG

指を一周させても余裕がある感じ。

手触りはウェットテッシュより柔らかめの印象。シートはちょっとミント系の匂いがする程度で、鼻を近づけないと匂いはわからない。

さて…いざシート歯磨き開始。

まず感じたのは、指で磨くのって意外と難しいなということ。歯ブラシの偉大さに気づきます。前歯は普通に磨けるものの、奥歯はどうしても指が届きにくい。あまり指を奥に入れると、舌に触れてしまってゲッホゴッホなりそうな気もする。

シートの耐久性は意外と高め。加減がわからなかったのでいつもの歯ブラシと同じような感じで磨いてみたものの、シートが破れてしまうことはなかった。

5分ほど磨いてみたところでシートを取り出してみると、それなりにシートが汚れていたので二枚目を投入。そこから3分ほどさらに磨き、トータル8分ほどで終了。

磨いた後はミント系の匂いのおかげか、歯ブラシで綺麗にした時と比べれば劣るものの、それなりに爽快感あり。ただ、歯間の汚れが誤魔化されたような気もしないでもない。

翌朝起きてからの口内の印象は、奥歯の裏のザラザラ感が若干気になった程度。シートで磨けたであろうところは、歯ブラシでちゃんと磨いた時の7割〜8割程度の爽快感。まあこんなもんでしょうか。

磨いてから気づいたんですが、シートで磨く前に何かしらのガムのようなものを先に噛んでおくと、もう少しマシになるんじゃないかなーと思いました。

とはいえ、水を一切使わずに(完璧ではないにしろ)それなりに磨けてしまうため、ネカフェ宿泊のマストアイテムと言えそうです。

個包装のパッケージも非常に小さくて薄いので、一つくらい財布にでも入れておくと突発的なネカフェ宿泊の際に役立つのではないでしょうか。非常用持ち出し袋に入れておくのもよさそうですね。ある意味サバイバルグッズです。



【関連記事】
ネカフェ泊の目覚まし時計にキングジムのめざましイヤホンが便利だった件
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/443676747.html
posted by tmo1201_blog at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきた系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック