2015年11月30日

ASUS t90chiを購入。この製品にたどり着くまでの長い道のり。

iPad2購入から3年半ほど経ち、動作もガクガクしてきたのでそろそろ買い換えようと思っておよそ1年。いろいろなタブレットを比較検討した結果、ついに結論を出しました。

RIMG0035.JPG

RIMG0036.JPG

…選ばれたのはWindowsでした。ASUSのt90chiというものです。

RIMG0037.JPG

このように専用のキーボードが付属しており、分離合体ができるという所謂”2 in 1マシン”です。

RIMG0038.JPG

この結論を出すまでが非常に長かった…。t90chiにたどり着くまでのことでも書いてみましょう。

検討したのは…(2014年夏あたりから)
・Apple iPad mini
・Google Nexus9
・ASUS ZenPadシリーズ
・mouse computer WN891
他多数。

iPadの後継機種は今までiPad2を使ってきたということもあり、かなり積極的な目で注目していました。ところが円安の関係でAppleレートは高騰。また、マシンアップデートもスペックアップが中心であまり面白味がなく、そのスペックがあってもゲームをするわけでもないし…と、iPad以外の選択肢もアリかな?と思い始めたのがすべての始まりでした。

そうなると対抗馬的にはandroidタブレットです。androidタブレットといえばなんといってもNexus系でしょう。Googleのリファレンスモデルのため、OSアップデートも長い期間対応してくれるというメリットがあります。

そんな中出てきたのがNexus9でした。



それまでのandroidタブレットにありがちだった16:9のディスプレイではなく、iPadと同じ4:3のディスプレイを搭載していたことから、同じような使用感で移行ができそうだと思いました。ところが、実際に電気屋で触ってみたところ…なんだかすごくチープだと感じました。Nexusのアイデンティティのようなものを感じられず、中華Padと何が違うんだ…?と萎えてしまいました。HTC製ということで期待してたんですがねえ。

そうこうしていたら今度はWindowsタブレットが急に伸びてきました。きっかけはWindows 8.1 with Bing。当時は一部で”0円Windows”なんて言い方もされました。(その後OS無料戦略が常態化して、今では死語になりつつありますねw)OSのライセンス費用がタダということで、各メーカーがこぞってWindowsタブレットに注力するようになりました。国内における”艦これ特需”も後押ししました。これによってWindowsタブレットの相場はググッと下がっていきます。

この頃はマウスコンピュータのWN891というタブレットにちょっと注目していました。



キーボードとトラックパッドとofficeが付いて3万円台という。しかしWindowsタブレット、OSがネックです。Windows 8の世間の評判はあまりよろしくなく抵抗がありました。一番問題だと思ったのが、「タブレットとして大丈夫なのか?」という点でした。そもそもタブレットのOSと通常のPC用のOSが同じであって本当に大丈夫なのかと。実際電気屋で触ってみてもその疑問は拭い切れず、OSの熟成を待つことに。

その間、対抗なのかandroidタブレット勢にも低価格化の流れが到来。二万円クラスで妥協できそうなスペックのタブレットがいくつか出てきます。低価格でもデザインがダサくないASUSのZenPadシリーズはかなり真剣に検討しました。



しかし、このスペックで妥協していいのか?そもそも私はタブレットで何がしたいのか?という疑問が再び沸き、購入には至らず。一周回ってまた次期iPadか…?まで戻りました。

そんな中、Windows10が発表&発売。8で示された方向性はより積極的な形で継承。それが、タブレットモードとデスクトップモードの分離でした。これによってWindowsタブレットの使い勝手は飛躍的に向上。再び個人的注目の的に。

そしてAppleは新型iPadを発表&発売。なかなかアップデートされなかったiPad miniもようやくアップデートされたわけですが、当然ながら安くなるわけでもなく、薄く軽く路線はあまり興味ないので購買意欲はそこまで刺激されませんでした。

…そこへASUSが満を持してWindows10バージョンのt90chiを投入します。

RIMG0037.JPG

もともとWindows8.1バージョンで出ていたt90chiですが、OSをWindows10にして再び登場。スペックは変わりませんが、OfficeをOffice Mobileにすることで大幅な値下げを実現。2 in 1でストレージ64GBで税込み32000円という圧倒的コストパフォーマンスを実現しました。こりゃあ買いだと。



発売からまだあまり経っていませんでしたが、全世代をレビューしたブログ記事なんかを参考にして買う決意をしました。そして先日、秋葉原のツクモにて購入したというわけです。




めでたしめでたし。

慣れないWindowsマシンなのでまだ試行錯誤している状態ですが、それ故の面白みもあります。しばらくはこのマシンについての記事が続くと思います。既に長文ですし収拾が付かないのでとりあえずここで切りますw

【関連記事】
ASUS t90chiを購入。この製品にたどり着くまでの長い道のり。
ASUS t90chiのタブレットとしての使い心地はどうか
ASUS t90chiのラップトップとしての使い心地はどうか
ASUS t90chiとDefense Platformの相性は悪いっぽい…?
posted by tmo1201_blog at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430502971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック