2015年12月07日

ASUS t90chiのタブレットとしての使い心地はどうか

ASUS t90chiがやってきてからちょうど一週間くらい。おおまかな検証はできた気がするので、少しずつ感じたことなどを書いていきたいと思います。

分離合体というなんとなく男心を揺さぶる2 in 1ですが、タブレットとしてもラップトップとしても中途半端な製品であれば意味がありません。というわけで、今回はタブレットとしてのt90chiの使い勝手について書いていきたいと思います。

・やっぱり少ない!ストアアプリ
タブレットPCの革命的なところは、全てがOSに最適化された専用のアプリによって完結してしまうというところにあるのだと私は考えます。その点において、間違いなくWindowsタブレットは遅れをとってしまっています。

私がこのマシンをセットアップしてまず始めたのが、Windowsストアからのアプリのインストールでした。

スクリーンショット (2).jpg

ところが思いのほか捗らないわけです。結局今のところWindowsストアからダウンロードしたのは、Twitter公式アプリ、テレBing、そら案内…くらいです。

スクリーンショット (3).jpg

あまりにも少ない。少ないという噂は聞いていましたが、想像の二倍三倍は驚かされました。ここはちょっと頑張ってほしい…。

そしてかと言って、ストアアプリならタブレットでの使い勝手が最高!と手放しに褒められるわけでもないのです。例としてTwitter公式アプリを挙げましょう。Twitter公式アプリで写真付きのツイートをします。

スクリーンショット (4).jpg

カメラボタンをタップ。すると…。

スクリーンショット (5).jpg

t90chiのカメラが立ち上がるのかと思いきや、エクスプローラが立ち上がってしまうではあーりませんか!w

タブレットとして操作してる時にエクスプローラが立ち上がった時のイライラ感ってすごいですよ。この小っちゃいのを指一本で操作しろってか?と。

まあ、おそらく直接カメラが起動しないというのはOS側の仕様なんでしょうが、せっかくタブレットモードを用意したWindows10なのだから、もう少しタブレット寄りの配慮があってもいいんじゃないかなと思いました。

・Chromeアプリでカバー
さて、アプリが少ない少ないと嘆いていても仕方がありません。足らない分は自分で補完していきましょう。そこで役に立つのがChromeアプリです。

Google Chromeをwebからインストールしてやりましょう。そしたらChromeウェブストアから必要なアプリを見つけてダウンロード。

スクリーンショット (7).jpg

私はfeedlyを新たに追加しました。WindowsストアによさそうなRSSリーダーが見つからなかったので…。

スクリーンショット (8).jpg

こうなると考え方は完全にChromeOSですが、Windowsストアが微妙だから仕方がありません。実際、現在このマシンで一番使ってるアプリケーションはChromeになっているという悲しい現実。マイクロソフトさん、頑張れ…!

・片手で簡単に持てるWindowsタブレット
とはいえ、もちろんいいところもあります。今までずっとiPad2を使ってきたから余計に感動しちゃうわけですが、やっぱり軽い。そして片手で掴むのにちょうどいいサイズです。このサイズだと鞄を選ばず、どこへでも連れ出せてしまいます。

RIMG0028.JPG

8.9インチのディスプレイは発色も良く、スピーカーも左右に配置されているので動画視聴にも適しています。

ただの黒ではなく少し紫がかった背面のデザインも上品な印象で、"キーボードが外れた状態の2 in 1"にはとても見えません。

RIMG0036.JPG

・思わぬ利点
…カタログっぽいお話は需要なさそうなので、ちょっと変わった視点で。

個人的にいいと思ったのは、microSDカードスロットへのアクセスが非常に簡単なので、アクションカムで撮った映像をその場ですぐに確認できるという点です。

RIMG0030.JPG

スクリーンショット (9).jpg

他のタブレットでも、アクションカムのWi-Fi機能を使えば撮影した映像を確認することが可能ですが、一度映像をダウンロードする手間があって時間がかかるのと、それなりにストレージを消費してしまうという点に弱点があります。これは購入前には考えもしなかった使用方法です。意外と便利です。

さらに言えば、OTGケーブル(USBホストケーブルとかUSB変換ケーブルという言い方もしますね)があれば、バッテリー切れが近いスマートフォンその他に電源を供給することができるというのも思わぬメリットとしてあります。

RIMG0031.JPG

タブレットはバッテリーの持ちが比較的いいので、そのバッテリーを活かすことができるのは嬉しいですね。余談ですがOTGケーブルは最近百均でも売ってたりします。そんなに買う人いるのかな…w

・タブレットってなんだ
以上がt90chiのタブレットとしての使い勝手です。…と言われても、パッとしないのが正直なところ。書いてても結論を出すのが難しいw

それは結局のところ、Windowsタブレットの考え方がiOSやAndroidの考え方と根本的に違うからなのだと思います。このマシンをタブレットとして使えるかどうかは、そのユーザーが判断するべきところによるのでしょう。

例えば、私の場合は幸いにしてタブレットでゲームをするような人種ではないので、アプリが少ないという制約に関してはChromeアプリで対応することができました。ただ、タブレットをゲーム機のように使う人にとっては、Windowsタブレットはタブレットとして使いにくいという評価をすることになります。

つまり、個々人が無意識に考えているタブレットとは何か?という部分ときちんと向き合えないのならば、Windowsタブレットはまずおすすめできません。

その前提をクリアした上で、軽量ボディで持ち運びがしやすく、比較的サイズも小さめなマシンを探しているのであれば、t90chiを強くおすすめします。…というのが私の結論ということになるでしょうか。

どちらかというと”Windows10タブレット総論”のような話にはなってしまいましたが、一週間使ってみた上でのt90chiのタブレットとしての感想でした。



【関連記事】
ASUS t90chiを購入。この製品にたどり着くまでの長い道のり。
ASUS t90chiのタブレットとしての使い心地はどうか
ASUS t90chiのラップトップとしての使い心地はどうか
ASUS t90chiとDefense Platformの相性は悪いっぽい…?


posted by tmo1201_blog at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック