2016年01月05日

ASUS t90chiとDefense Platformの相性は悪いっぽい…?

Windowsタブレットを導入するにあたり、意外と忘れがちなのがセキュリティソフト。

私が購入したASUS t90chiにはMcAfeeの30日体験版がプリインストールされていますが、無料期間終了と共にアンインストールしてしまったり、無料期間終了の警告を無視し続けちゃう人ってけっこう多いんじゃないかなと思います。危ないですよ本当に。

で、私はというと、無料期間終了を待たずして他のセキュリティソフトを入れてみました。それがこちら。

RIMG0031.JPG

Defense Platformというものです。詳しくは下のリンクからどうぞ。

ディフェンスプラットフォーム(DeP) - ハミングヘッズ
http://security.ec-current.com


このソフトはEngadget Fes秋葉原 2014 Winter(Engadget例大祭の一つ前)にハミングヘッズさんがブース出展をしていたことから知りました。一般的なウイルス対策ソフトがブラックリストを元に対策する「パターンマッチ型」なのに対し、この製品は全てをまず疑ってかかる「API監視型」を採用していることに興味を持ち、その場で試用版を貰っていたのです。

RIMG0032.JPG

そして、貰ってからかなりの月日が経ちましたが、ASUS t90chiで試してみたというわけです。結論的には、どうやら相性が悪そうだということがわかりました。

・具体的内容
相性が悪かった環境は以下の通り。なお、バージョンアップなどで解消される可能性もあります。検討の際は最新の情報を収集して下さい。(これは2016/01/05現在の情報です。)

デバイス:ASUS t90chi-3775
OS:Windows 10 Home(バージョン1511)
ディフェンスプラットフォーム:Home Edition Ver. 3.4.6


症状としては…
・スリープからの立ち上がりがクソ遅い
・スリープからの立ち上がりで失敗してリブートする
・スリープからの立ち上がりでうんともすんともいかず電源ボタン長押しで強制終了するしかなくなる

…といった感じ。スリープの時間が長ければ長い程、下の症状に近づいていくような感じです。

当初はASUS t90chi本体を疑っていたのですが、Defense Platformをアンインストールしてもう一度McAfee(有料版)を入れてみたら、今までの症状がウソだったみたいに解消されました。どうやら相性が悪かったようです。。(プリインストールされていたMcAfeeの体験版はすぐにアンインストールしてDefense Platformに変えていました。)

というわけで、今後も状況を見守るつもりではありますが、t90chiのセキュリティソフトを探してる人にはこのソフトは(少なくとも現時点では)おすすめできません。



【関連記事】
ASUS t90chiを購入。この製品にたどり着くまでの長い道のり。
ASUS t90chiのタブレットとしての使い心地はどうか
ASUS t90chiのラップトップとしての使い心地はどうか




posted by tmo1201_blog at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432136304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック