2016年03月27日

使い込んでヨレヨレになったtimbuk2のメッセンジャーバッグがエツミのクッションボックスで蘇ったという話

私にはお気に入りのメッセンジャーバッグがあります。timbuk2のクラシックメッセンジャーです。

IMG_1668.jpg

このメッセンジャーバッグは非常に丈夫だったり、鞄の中身へのアクセスが非常にスムーズだったりでとても気に入っていて、かれこれ5、6年くらい使っています。しかしさすがに長い期間ハードに使い続けてきたからか、各部へのダメージが徐々に浮き彫りになってきており、適宜ショルダーパッドやカムバックルの交換などを行ってきています。

IMG_1674.JPG

しかし、そのような補修部品でのメンテナンスでは対応しきれない部分があります。それが鞄本体へのダメージです。ここ最近、鞄が自立してくれなくなったり、内装部分の剥がれが深刻になってきたりと、別の対策を取らないといけないと思うことが多くなってきました。

IMG_1672.JPG

そこで導入してみたのがエツミのクッションボックスです。

RIMG0080.jpg

エツミといえばカメラ用品で知られたメーカーです。このクッションボックスは、普通のカジュアルバッグの内部にセットすることで、カジュアルバッグをカメラバッグにすることができるという商品です。

RIMG0099.JPG

レビューを見てみたところ、timbuk2 クラシックメッセンジャーのMサイズにはクッションボックスのLongを入れるとぴったりだということがわかりました。私は一眼ユーザーではないのでカメラバッグが欲しかったわけではなかったのですが、鞄の内装を補強するという機能は果たすことができると思い購入してみました。

・実際に入れてみる

まずこちらがクッションボックスを入れていない状態です。本当はそもそも自立さえしない状態だったのですが、手で押さえて無理矢理立たせています。

RIMG0101.jpg

そこにクッションボックスを入れます。レビューにあった通り、timbuk2 クラシックメッセンジャーのMサイズにはLongがぴったりでした。クッションボックスを入れてからは手で押さえることなく自立しました。

RIMG0102.jpg

いろいろと入れてみます。クッションボックスにはカメラバッグ特有の仕切りが三枚付いているので、中に入れるものに合わせて荷室を自由にレイアウトすることができます。試しに一番右の荷室に重たい鍵を三つほど入れてみましたが、鞄が傾いても仕切りが外れるということはありませんでした。

RIMG0097.jpg

・クッションボックスを入れてみた効果

実際にクッションボックスをクラシックメッセンジャーに入れてみた結果、自立しなくなったメッセンジャーバッグが買った直後のように自立するようになり、使い勝手が大きく回復しました。また、鞄が本来のあるべき形状のまま維持されるため、鞄の内装部分同士で擦れ合ったり、一部の内装に負荷が集中することがなくなり、鞄のダメージの進行を抑える効果が確認できました。

また、カメラバッグ特有の仕切りも荷物の分別に便利で、例えば自転車を駐輪する際、盗難防止のため自転車用のライトやメーター、ドラレコ、ツール缶などは全て外して鞄の中に入れるわけですが、こういった細かいアクセサリー類も大きさに合わせて分別することができ、鞄の中でゴチャゴチャになるということがなくなりました。

さらに、鞄の中で荷物が一方に偏るということがなくなったことにより、背負った感覚も改善されました。背中に当たる面がよりフラットになったような印象で、”鞄を背負っている感”から”絶対に落ちない荷物を上に乗せている感”にアップグレードしたと言えばいいのか。ちょっと言葉にしにくいのですが、そんな感覚になります。

このように、思わぬ副産物的な効果まで確認できるなど、クッションボックスをメッセンジャーバッグの中に入れるメリットは非常に大きなものでした。これならもっと早めに導入するんだった…と思うほどです。クッションボックス、おすすめです。



【関連記事】
timbuk2 Classic Messengerのカムバックル交換
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/416851527.html?1459070727
posted by tmo1201_blog at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435743050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック