2016年05月21日

Windows10タブレットで使えるVineアプリが出たのでASUS t90chiで試してみた

世間ではアップデートが強引だとか言われてるWindows10ですが、私は何の不自由も感じることなくASUS t90chiでWindows10使ってます。別に悪くないOSだと思うんですが…。

RIMG0037.jpg

さて、そんなWindows10マシンユーザーの私ですが、私のようにタブレットとしてWindowsマシンを使ってる身としては嬉しいニュースがやってきました。



6秒間の動画をループさせて共有するSNS、「Vine」のWindows10向けアプリがついに登場しました。

Windowsストアアプリの少なさが弱点として言われているWindowsタブレットですが、このように主要なSNSアプリが参入してきてくれると、iOSやAndroidタブレットに対抗できるようになってくると思います。まだまだ道は非常に険しそうですが。

…と、いうわけで、さっそく物は試しだということでダウンロードしてみました。VineはTwitterアカウントで簡単にサインインできます。

スクリーンショット (35).jpg

動画をアップロードするには、ファイルを選択をタップ。

スクリーンショット (36).jpg

すると…相変わらずエクスプローラーが立ち上がってしまいます。Windows10にはせっかくタブレットモードというものがあるのだから、タブレットモードの時はもっと指で操作しやすいUIにしてほしいですね…。まあ、使えないことはないんですが。

スクリーンショット (37).jpg

ファイルを指定するとこんな具合に。動画ファイルの中から共有したいシーンを6秒以内で選択します。

スクリーンショット (38).jpg

仕様上、動画は正方形にトリミングされてしまうため、被写体に合わせて調整してやる必要があります。そういえばちょっと前までinstagramもこの仕様でしたね。そのうち変わるんでしょうか。

スクリーンショット (39).jpg

共有したいシーンを指定したら、任意でキャプションを入れます。ただ、何故かATOKだと変換を確定させるためにエンターキーを押しただけで次の画面に進んでしまいます。標準IMEなら問題なく入力できました。

スクリーンショット (40).jpg

OKなら共有ボタンでアップロード。同時にTwitterやFacebookに共有することも可能です。

スクリーンショット (41).jpg

これでアップロード完了。

スクリーンショット (42).jpg

Twitterに流すとこんな感じ。Vineの動画はTwitterのタイムライン上で動いてくれるのがいいですね。



使ってみた感想としては、「とりあえず使えるな」という感じ。現時点ではアプリ上でカットなどの編集ができないなど、ちょっとした制限もあるようですが、このあたりはこれからのバージョンアップに期待したいところです。

個人的には、ドライブレコーダーとして使っているRICOH WG-M1で撮影した映像をスピーディーにタイムライン上で共有できるようになったのが嬉しいです。このような使い方ではmicroSDカードを直接挿入できるWindowsタブレットの強みが活きてきますね。

【関連記事】
ASUS t90chiを購入。この製品にたどり着くまでの長い道のり。
ASUS t90chiのタブレットとしての使い心地はどうか
ASUS t90chiのラップトップとしての使い心地はどうか


posted by tmo1201_blog at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438120373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック