2016年06月03日

MoonminiというメーカーのHTC Desire 626用耐衝撃ケースを試してみた

ヤフオク!で落札したHTC Desire 626にオマケとしてついてきた耐衝撃ケースをレビューしてみたいと思います。Moonminiというメーカーのもののようです。

RIMG0119.JPG

ケースを付けて実際に手で持ってみると、ひとまわり大きくなった印象を受けます。ケースによる重量増も相まって、しっかり感があります。

RIMG0121.JPG

ケースの厚みは液晶側から地面に落下しても大丈夫なように2mmくらい厚めに設計されています。

RIMG0126.JPG

端子類はフタをしないタイプ。充電端子の穴は大きめに設定されているため、ケーブルが太くて入らないなんていうことはありません。

RIMG0122.JPG

RIMG0124.JPG

RIMG0125.JPG

電源ボタンと音量調整ボタンはゴム素材で覆われています。

RIMG0123.JPG

ただしケースの上から押すことになるので、ケース非装着時に比べて押すのにちょっと力が必要になります。私はついつい指の腹を使わずにツメを立てるような格好で押してしまいます。

RIMG0129.jpg

RIMG0128.jpg

背面はこんな感じ。ボコボコとした凹凸が耐衝撃ケースっぽさを主張しています。

RIMG0131.JPG

この部分はキックスタンドになっています。

RIMG0132.JPG

RIMG0133.JPG

角度の調節はできないタイプです。

RIMG0134.JPG

動画視聴の際に便利だぞい。

RIMG0135.JPG

さて、実際の使用感ですが、個人的にはちょっと中途半端な製品なのかなと思いました。

そもそもこれは耐衝撃ケースとして売られているもののようですが、耐衝撃ケースとして売るのであれば、キックスタンド機能はつけないでほしかったなと思いました。このケースの背面部は滑り止め加工がされていますが、キックスタンドの部分はそのような加工が一切されていません。そして困ったことに、端末を握った時に一番手が触れる部分がこのキックスタンドのあたりで、せっかくの滑り止め加工が台無しになってしまうのです。さらに、キックスタンド部分は他の部分に比べて若干出っ張りがあり、机上に置いた時にその出っ張りが邪魔に感じられます。

一方で、キックスタンド機能そのものは便利だと思いました。横画面にして動画を見る時だけでなく、横画面に対応したTwitterクライアントでタイムラインを流しておくなど、工夫の仕方によってはいろいろな活用法が見いだせそうです。スマホと別にスマホスタンドを持ち歩く必要がないので、必要な時にパパッと変形できるのは強みかもしれません。



【関連記事】
小型端末原理主義者の私はHTC Desire 626で妥協しました
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/438190438.html?1464946945
posted by tmo1201_blog at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438585814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック