2016年08月14日

不動峠ヒルクライムで自己ベスト更新(14分52秒)

先週の話にはなりますが、家内で毎年恒例となっている筑波の不動峠にヒルクライムの練習に行ってきました。

写真.jpg

この日は全国的に暑い一日となっていたようですが、筑波周辺は比較的過ごしやすい気候で絶好のヒルクライム日和となりました。

練習内容としては、不動峠(表)ヒルクライム→不動峠(裏)ダウンヒル→不動峠(裏)ヒルクライム→不動峠(表)ダウンヒル→不動峠(表)ヒルクライム→不動峠(裏)ダウンヒル→不動峠(裏)ヒルクライム→不動峠(表)ダウンヒルというシンプルな構成。その気になればもっと練習できるんでしょうが、あまり無理をし過ぎないようにしています。

一本目の不動峠(表)ヒルクライム。近年流行のシッティングで一定の負荷で上っていくトム・デュムラン的なスタイルを真似してみようと思い、後半にかけて力を温存するように心がけて走ってみました。

写真.jpg

それが功を奏したのか、7〜8割の力で楽に走った割に15分41秒というまずまずのタイムを出すことができました。

因みに昨年の自己ベストタイムが16分台前半でした。かなり追い込んで出したタイムだったと思うので、そもそも根本的に走り方が間違っていた可能性も否定できません笑。

そして不動峠(裏)のヒルクライム一本目。こちらもまずまずのタイムでしょうか?

IMAG0112.jpg

二本目の不動峠(表)。自己ベスト更新を目標にタイムアタック開始です。こちらはRICOH WG-M1で動画を撮影してみました。このカメラについてはこちらで詳しく書いています。



デュムラン走法を取りつつも、一本目で掴んだコースの感触から全体のペースを見直し、後半は追い込んでみるという感じでヒルクライム。その結果、14分52秒というタイムでゴールし、目標としていた自己ベスト(15分07秒)の更新に成功しました!思わずガッツポーズ。

思えば、今まで持っていた15秒07秒というタイムは、私が高校自転車部時代(正確には引退直後)に出したタイムでした。今では時間的にもあの頃と同じ練習量をこなすことはできていませんが、自転車通学を含め、地道に乗り続けたことが結果として表れたのかなと思うと本当に嬉しいです。まだまだ頑張れそうです。

その興奮状態で二本目の不動峠(裏)。こちらは一本目とあまり変わらないタイムでゴール。それでも、ペーシングの工夫で最後まで追い込むことができて満足しています。

そんなこんなで今年の筑波練習は終了。

写真.jpg

今度来るときは更に速いタイムを出せるようになりたいです。

posted by tmo1201_blog at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441037035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック