2017年07月22日

そでがうらサマーサイクルロードフェスタに参加してきました

2017年7月9日、千葉県袖ケ浦市のサーキット「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」にて開催された自転車イベント「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」に参加してきました。

5月に下総のエンデューロイベントに参加しましたが、実はそれはこの大会に向けての調整という意味合いがありました。本格的なレース(といってもホビーレースですが)に復帰するのは久しぶりです。

参加カテゴリーはスポーツUというクラスで、一周2.4kmのコースを6周回し、合計14.4kmで争うものでした。コースは下総ほどのド平坦というわけではなく、適度にアップダウンのあるコースです。ただし距離が短いのでストップアンドゴーでレースは進んでいくことになります。

前回の下総で得られた足りない部分をこの2ヶ月程度の練習でどのくらい補うことができたのかという多少の期待を込めつつレーススタート。



下総の反省点として「無駄な足を使いがち」というところがあったのですが、スタート直後からそうならないように意識してみました。できるだけ集団内の前方で展開し、スリップを最大限効かせるために前の選手との間隔を無理にならない程度に詰めていき…と意識していたのですが、映像を見返して見ると余裕のあるはずの1周目でもまだまだ甘すぎですね。とくにコーナー立ち上がりのところとか。

自分の中ではそれなりに集団内で立ち回れていたつもりでも、だんだんと下手な部分が露呈されていったのか、3周回が終わって4周回目に入るホームストレート上の若干の登りでついに集団から離れていってしまいました。ここが正念場だから頑張らないといけない!とはわかっていたものの、完全に力負けという感じでついていけませんでした。そこからは一人旅です。

skitch.jpg

走行距離が決まっているレースでは、エンデューロイベントとは異なり、先頭から一定の距離を離れてしまうとその時点でレースから除外されてしまうことがあります。今回のイベントも例外ではなく、先頭から3分遅れてしまうと”足切り”の対象となり、未完走の扱いとなります。集団から離れてしまった時は「せめて完走だけは…」という気持ちでいっぱいでした。

結果的にはなんとか完走です。ただし、リザルトを見るとわかる通り、先頭からは4分の差がついています。コースクリアマネジメント的に足切りにはなりませんでしたが、レースがあと一周あったら確実に完走扱いされなかったはずです。本当にギリギリでした…。

とはいえ、下総の時に比べれば格段に感触はいいですし、課題もそれを解決する方法もなんとなく見えてきた気がするので、次はもっといい成績で終われるようにしたいと思います。


posted by tmo1201_blog at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック