2017年12月31日

2017年振り返り

毎年恒例、一年を振り返るブログです。

IMG_20170902_175419.jpg

いい年だったか?と聞かれれば、最近の記事を読んでいただければわかる通り、当然そうは言えません。本当に厳しい一年でした。

・今年の目標
まずはいつも通り、年始に掲げた今年の目標を振り返ってみます。

ええ、まあ、その…はい。

「順応」はできたと思います。未経験分野に飛び込んで自分から一切文句を言うことなく、耐え抜いたわけですから。初めての一人暮らしも、百点満点とは言えないものの、そのような状況の中では頑張った方なんじゃないかと思います。

そして「応える」という方ですが、そもそも問題ばかりの職場の期待に応えるのは不可能でした。もしその期待に100%応えてしまった時、いずれ私は私の利益を今以上に失うことになっていました。だからこの目標はそもそも実現不可能でした。なかったことにしましょう。

…ということで、総合すれば概ね目標達成!!!

もうこのくらい自己肯定してないとやってられません。

・振り幅の広すぎる一年
2017年はあまりに振り幅の広い一年でした。

1月は新生活に向けてトヨタiQの中古車を購入。初めてのマイカーはとても楽しい車になりました。この車きっかけで少しの期間だけいいこともありました。

DSCN0192_1_1_1.jpg

2月はアパートを見学。徐々に迫り来る新生活に向けて、何かと忙しくも高まる期待感に毎日ワクワクしていました。

IMAG0369.jpg

3月はついに大学を卒業。そして間髪入れずに千葉県旭市での一人暮らしが始まりました。料理を焦がしまくります。

IMAG0510.jpg

4月。ついにお仕事が始まりました。とにかく認めて貰えるようにひたすら頑張っていました。

IMAG0557.jpg

5月。このころは自転車イベントに積極的に参加していました。今思うと元気だったな…。

IMAG0770.jpg

ビンディングデビュー以来変えていなかったペダルをついに新調: tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/450308578.html?1514719419


6月は今思うと自分の立ち位置を確認したくなるような期間だったかもしれません。

IMG_20170610_155918.jpg

”ど田舎”とは言えない程度の郊外で生きていくということ: tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/450985310.html?1514714116


7月は数年ぶりに高校の自転車部の部室に帰還。今の自分の原点とも言える場所に戻って、たくさんのエネルギーをもらって来ました。

IMG_20170704_180750.jpg

そして8月。この時期は仕事の上での悩みが強くなってきました。なかなかそれを解決する術が見つからず、モヤモヤとした日々を過ごしていました。

IMG_20170826_222757.jpg

9月。悩みを引きずったまま過ごしていたからか、自転車乗車中にワイモバイルのPHS、401KCを落下&紛失。その後見つけるも車に踏まれて全損。PHS停波まで使ってやろうと息巻いていた時期もあったのですが、思わぬ形でそれは叶わぬ形になりました。

IMG_20170910_194852.jpg

10月は…忘れはしません。末日の仕事の後に呼び出され、解雇。本当に参ってしまいました。

IMG_20171023_171136.jpg

新卒で一人郊外に引っ越して農家で働いてみたら半年でクビになった件: tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/454791414.html?1514722594


11月。少し休んでから求職活動を始めていきました。自分が今やっていることに虚しくもなりましたが、向き合うしかありませんでした。

IMG_20171120_091055.jpg

そして12月。採用面接に挑戦するも、うまくはいかず。そうこうしている間に年の瀬です。

IMG_20171210_172039.jpg

その後の話(1): tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/455672997.html?1514723020
その後の話(2): tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/455904686.html


…振り幅が広過ぎて疲れちゃいました。

・来年は?
頑張って普通の一年にします。

・最後に
例によってあまり更新できていませんでしたが、書いたら書いたで暗い話が目立ってしまいました。

このブログは書きたいことを書くという方針で運営しています。今後も個人的な話を含めて書いていきますが、暗い話を書く必要がないような日々を送れればと思っています。よろしくお願いします。

また、今年お世話になった全ての方にこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
posted by tmo1201_blog at 21:58| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その後の話(2)

【前回】
その後の話(1): tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/455672997.html?1514711373

国道沿いの景色にモヤモヤしつつも、実家に着いた。

実家に着いて両親と会っても、前に現状報告のために帰省した時と同じで、特別何か言われるというわけではない。実家に住んでいた頃と同じ生活をして、同じように過ごす。それが精神的な安定に寄与するのは間違いない。何時間か実家にいるだけでアパートから持ち込んだ歯ブラシを実家の歯ブラシホルダーに手癖で戻してしまったりする。

さらに居心地が良くなってくると、実家暮らしの時によくやっていたことをもっとしたくなってくる。自転車に乗りたい。ただ自分の自転車はアパートに持ち込んでいるので、実家に自分の自転車はない。そこでこれを引っ張り出した。

CrRXq3wUAAUmQaE.jpg

一時期母親が通勤に使っていたミキスト。今で言うところのクロスバイク的な存在だが、見る人が見ればわかる通り、ちょっとした骨董品である。ハンドルからダブルレバーに手を移して変速すること、いとをかし。これは以前諸事情あって借りた時の映像。変速時にハンドルから手を離すのは不便と言えば不便だが、マニュアル車的な楽しみがある。

そんなこんなでたどり着いたのは船橋駅。実家暮らしの時は毎週末のように自転車に乗って船橋駅周辺まで来ていた。しかしその景色は大きく変わっていた。

船橋駅周辺が再開発されることは知っていた。きっと驚くだろうとは思っていた。ただ、その景色がまるで元からそうだったかのような違和感のなさで溶け込んでいる。アスファルトに継ぎ目がない。そこに通りがなかった頃の過去の記憶が、まるで偽の記憶だったかのような錯覚さえした。

IMG_20171210_174326.jpg

街はクリスマス前ということもあって明るくて綺麗だった。年賀状の売り込みも始まっていた。季節感を街から感じられる。地方のスーパーの店内放送で「メリークリスマース!」とか拷問のようにループで流されるのとはワケが違う。一気に「ああ、年末なんだな。」というのを自覚することになった。

そんな街を一回りして、また実家に戻った。そしてまた実家でここに何か書く必要もないほど普通の生活をして、また車で旭のアパートに帰った。帰り道はあっという間だった。

高速道路の景色はほぼ一定だからか、まるで目隠しをされているような気分になる。アパートの鍵を開けて中に入ると、この瞬間に目隠しは外される。たしかにここは自分の家だ。これが現実だ。

それからしばらく経ってから、受けた面接の結果が届いた。案の定ダメだった。あまり期待はしていなかったものの、文面を見るとさすがに残念な気持ちを隠し切れない。既に年の瀬だったため、その日、2017年中の転職活動は終えることにした。
posted by tmo1201_blog at 18:23| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

その後の話(1)

【前回】
新卒で一人郊外に引っ越して農家で働いてみたら半年でクビになった件: tmo1201_blog
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/454791414.html

ハローワークで興味のある仕事を見つけた私は、履歴書を送って面接を受けた。ただし面接は思う通りにはいかなかった。思いのほか心の傷が深かったのか、随所で自己否定の多い返答をしてしまったのだ。


面接を受けた会社の建物を後にすると、私はすぐに運転してきた車に乗った。自分一人だけの居場所にさっさと戻りたかった。あまりの情けなさに車の中で一人で泣いてしまっていた。

この車を買ったのは今年の1月。学生最後の年にアルバイトに明け暮れた末に手に入れた。郊外で暮らしていくのにはどうしても車は必要だった。実際これがない生活は想像できない。ほぼ毎日乗っている。

IMAG0544.jpg

見ての通りの小さいボディ。一応無理やり4人乗りはできるものの、2人乗りが現実的なハッチバックだ。この小さな車に船橋の実家の荷物(の一部)を積んで旭市まで引っ越してきた。そして今はその車の中で天を仰いでいる。本当に情けない。

車を運転して家に着くとすぐに寝てしまった。かと思えば3時間後には起きてまたどこかへ車で出かけていき、また帰ってきた。もはや気持ちのやり場がわからなくなってしまっていた。

このあたりの地域にはあまりいい求人がない。ハローワークで求人を検索しても土方や介護が中心で、それ以外だとあっても給料水準や待遇があまりよくないのだ。そんな中で見つけた好条件の企業の面接を、おそらく八割方落としてしまったという悲しみに、自分はなぜこの場所にいるのか、この場所にいる理由とは何なのか?とつい思いつめてしまう。


そんな私を見て、父親にもう一度帰省するよう促されたので、数日後、私は素直に帰省することにした。

大抵いつも帰省する時は成田空港の近くの市営駐車場に車を駐め、そこから電車で移動することにしている。何しろずっと車だと少し距離が長くて疲れるし、渋滞の心配もあるからだ。ただ今回は車のみで移動した。自らの運転で帰省することになんとなく意味を感じたからだ。

その予感は的中した。久しぶりに旭〜船橋間を運転したせいか、高速道路の分岐を間違ってしまった。すぐに出口で降りて高速道路に再び乗ろうとするも、そこは偶然にも国道16号線だった。

スクリーンショット 2016-02-10 18.07.21.png

この道には思い入れがある。私は学生時代、我孫子市の大学に通っていた。初年度こそ定期券を購入して電車で通学していたが、二年目からは雨が降らない限り自転車、雨が降るなら車で通学していた。国道16号線はその通学路を横切る形で存在していて、その道と交わる交差点はいつも、信号を最低でも二回ほど待たなければならないほど渋滞していた。最初はそれにうんざりしていたものの、慣れてくるとその信号待ちの時間が(自転車だと特に)束の間の休憩時間に感じられたのを思い出す。

また、学生生活終盤の頃には、この交差点からあまり離れない距離の16号線沿いに新たにショッピングモールが誕生した。映画館も入っていて、授業が終わった後に映画を見て帰るというのを何回かやったことがある。履歴書に貼った写真も、このモールの中の写真屋さんにお願いした。

さらに言えば、車を買うための資金を稼いだアルバイト先も、そのショッピングモールの目と鼻の先にあった。ついに自分の車を手に入れて、アルバイト先に自慢げに自分の車で通勤するようになったわずかな期間にちょっとだけ通ったスーパーオートバックスも、自分だけの空間で挽きたてのコーヒーを飲むことにハマってつい通ってしまったコンビニも、全て国道16号線沿いにあった。だからなんとなく導かれたような気がしたのだ。少し遠回りでも、このままこの道で帰ろうと決めた。

それにしても、この気持ちは何だろう。

この国道沿いの景色を、まだ「懐かしい」とまでは感じられない。そこにモヤっとしている。というのが客観的に見た私の心情のような気がした。
posted by tmo1201_blog at 17:07| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする