2017年07月22日

そでがうらサマーサイクルロードフェスタに参加してきました

2017年7月9日、千葉県袖ケ浦市のサーキット「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」にて開催された自転車イベント「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」に参加してきました。

5月に下総のエンデューロイベントに参加しましたが、実はそれはこの大会に向けての調整という意味合いがありました。本格的なレース(といってもホビーレースですが)に復帰するのは久しぶりです。

参加カテゴリーはスポーツUというクラスで、一周2.4kmのコースを6周回し、合計14.4kmで争うものでした。コースは下総ほどのド平坦というわけではなく、適度にアップダウンのあるコースです。ただし距離が短いのでストップアンドゴーでレースは進んでいくことになります。

前回の下総で得られた足りない部分をこの2ヶ月程度の練習でどのくらい補うことができたのかという多少の期待を込めつつレーススタート。



下総の反省点として「無駄な足を使いがち」というところがあったのですが、スタート直後からそうならないように意識してみました。できるだけ集団内の前方で展開し、スリップを最大限効かせるために前の選手との間隔を無理にならない程度に詰めていき…と意識していたのですが、映像を見返して見ると余裕のあるはずの1周目でもまだまだ甘すぎですね。とくにコーナー立ち上がりのところとか。

自分の中ではそれなりに集団内で立ち回れていたつもりでも、だんだんと下手な部分が露呈されていったのか、3周回が終わって4周回目に入るホームストレート上の若干の登りでついに集団から離れていってしまいました。ここが正念場だから頑張らないといけない!とはわかっていたものの、完全に力負けという感じでついていけませんでした。そこからは一人旅です。

skitch.jpg

走行距離が決まっているレースでは、エンデューロイベントとは異なり、先頭から一定の距離を離れてしまうとその時点でレースから除外されてしまうことがあります。今回のイベントも例外ではなく、先頭から3分遅れてしまうと”足切り”の対象となり、未完走の扱いとなります。集団から離れてしまった時は「せめて完走だけは…」という気持ちでいっぱいでした。

結果的にはなんとか完走です。ただし、リザルトを見るとわかる通り、先頭からは4分の差がついています。コースクリアマネジメント的に足切りにはなりませんでしたが、レースがあと一周あったら確実に完走扱いされなかったはずです。本当にギリギリでした…。

とはいえ、下総の時に比べれば格段に感触はいいですし、課題もそれを解決する方法もなんとなく見えてきた気がするので、次はもっといい成績で終われるようにしたいと思います。


posted by tmo1201_blog at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

不動峠ヒルクライムで自己ベスト更新(14分47秒)

2017年7月16日、毎年恒例、筑波の不動峠練習に行ってきました。

船橋市から旭市に引っ越したことで、筑波までの距離は若干遠くなってしまったので前泊という手段を使うことにしました。車に自転車を積んで、こちらも当ブログ恒例のネカフェ泊を敢行しました。今年度からJSPORTSオンデマンドに加入したので、現在開催中のツールドフランスをネカフェのPCから見つつ眠りにつきます。

翌朝。

なかなかいいタイムが出ずにどうしたものかと考えつつ、一度仕切り直したところ…。

土壇場で出ました。昨年出したタイムから5秒縮めることに成功です。



昨年はなんだかんだでバイト先への通勤片道約20kmをコツコツと走り込めていました。それからしばらく経ち、全く乗らなかったと言ってもいい時期が3ヶ月ほど続き、ようやく最近になって週末などの時間のある時に練習するようになったり、たまにレースやエンデューロにも参加するようになったわけですが、こうやってベンチマークテスト的に今の実力がわかるというのは本当に貴重だと思いました。毎年来ていてよかったです。

そうそう、いつからあったのかわかりませんが、不動峠の登り口からすぐのところにある「ひるくらいむ」という名前の洋食屋に初めて入ってみました。

ポークカレーとアイスコーヒー、とても美味しかったです。

名前からも想像できる通り自転車乗りウェルカムなお店で、バイクラックがあるのはもちろんのこと、気の利いたことにボトルのお水の補充なんかもやってくれます。素晴らしいですね。

IMG_20170716_133827.jpg

IMG_20170716_133741.jpg

筑波には毎年来ていますが、ただ車を止めて峠を登って下って車に乗って帰るという感じになりがちで、場を提供してもらっているにもかかわらず、なかなか地元経済に貢献できていないのにちょっと罪悪感があったのですが、このようなお店があると毎回通いたくなってしまいますね。非常にオススメです。

【関連記事】
・不動峠ヒルクライムで自己ベスト更新(14分52秒)
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/441037035.html?1500299021
・ネカフェに泊まる前に知っておきたい7つのこと
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/398548439.html?1500302258


posted by tmo1201_blog at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ビンディングデビュー以来変えていなかったペダルをついに新調

先日「Super Cycle Enduro in下総」というエンデューロレースイベントに出場しました。



高校自転車部を引退して以来、このようなイベントに出場する機会はありませんでしたが、近年盛り上がりを見せるオタク自転車乗りの祭典であるGSRカップの観戦や、コース立肖員としてセオフェスというショップ主催レースの運営の仕事をした経験から、「またレースをやりたい」という気持ちが大きくなっていき、今回の出場につながりました。

このイベントには90分のエンデューロと3時間のエンデューロの二つのカテゴリーがありましたが、90分はハイスピードな展開になりそうだと判断し、3時間の方に出場してみました。3時間エンデューロならペースもそれなりにコントロールされ、しばらくぶりのレースでも集団の後方で付いていくことはできるだろうと踏んでいたわけですが…3時間のエンデューロといえども、最初の一時間くらいはふるいにかけるようなペースが続き、およそ10km経過した段階で集団が一度中切れ気味になり、これはまずいと思って自分からブリッジをかけ、なんとか中切れを解消するも、一つになった集団後方に復帰しようとしたら、思いのほか体力が残っておらず、その瞬間に集団がまた活性化してしまい、結果的に千切れてしまいました。その後は気分的にも辛くなり、遅い集団にもついていけなくなっていき、レースの4/5くらいは単走状態になってしまいました。辛かったですが、なんとか完走しました。





結果が悪いのは目に見えてわかっていたためその場でリザルトは見ませんでしたが、後日HPに公開されたリザルトを見ると、やはり思っていた通り、完走中最下位という結果でした。あまりにも惨めな結果に気分は沈んでしまいましたが、それでも遅いながらも単走状態で3時間走り切ることができたのは収穫だったかと思います。

レースを終えて自転車を整備をしていると、このペダルと共に今までずっと走ってきたんだなとふと思い出しました。



そして…



心機一転、ペダルを新調しました。

IMG_20170521_093306.jpg

これからまた、新しい競技生活…というとすごく大袈裟ですが、また新しく走り出したいと思います。

posted by tmo1201_blog at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする