2015年10月11日

貴重なiPod touch用タフネス系ケース「Survivor All-Terrain FOR IPOD TOUCH (5TH/6TH GEN.)」

ちょっとブラブラしてたら、ドン・キホーテのスマホ用品売り場のワゴンセールで目に止まる物を発見したので確保してきました。

RIMG0608.jpg

RIMG0609.jpg

GRIFFINという海外のスマホケースブランドのSurvivor All-Terrain FOR IPOD TOUCH (5TH/6TH GEN.)(長い)という製品です。1500円だったので買ってしまいました。

名前からも見た目からもわかるとおり、タフネス系のケースです。

RIMG0611.JPG

DESIGNED TO MEET US MILITARY STANDARDSだそうです。実に説得力があります。強そう。

実際”強そう”というか”強い”みたいで、有志の方が行った落下テストでもその強さが証明されています。(こちらは同シリーズのiPhoneケースの動画です。)



・外観

ケースはこのように三層構造になっています。

RIMG0634.JPG

右が衝撃からデバイスを守るシリコン製のベース部分、真ん中が雨風からディスプレイを守るシールド部分、左がそれらの結合を強化し、ベルトなどに挟み込めるようにするクリップ部分です。

全部合体するとこうなります。

RIMG0621.JPG

RIMG0622.JPG

RIMG0623.JPG
クリップは90°回転します。

RIMG0624.JPG
ケースの厚みが増すため、ホームボタンには出っ張りがついてます。

RIMG0626.JPG
各種ボタン類もしっかりと保護。

RIMG0625.JPG

RIMG0628.JPG
端子には一つ一つキャップがついています。

RIMG0629.JPG
L字プラグのイヤホンを挿してみました。一応挿すことはできますが、キャップが邪魔であまり実用的ではありません。Bluetoothイヤホンなりスピーカーなりを使えばいいんじゃないかと。

RIMG0630.JPG
今度はクリップを外してみます。

RIMG0633.JPG
Lightning端子にもキャップ。イヤホンジャックと同じく、充電の際の面倒臭さは否めません。こればっかりは仕方ない。

RIMG0631.JPG
背面のデザイン。

RIMG0632.JPG
カメラもカバーされています。私のiPod touch 5thはレアな背面カメラなしモデルなのでカバーで隠されてる方がむしろすっきりしますね。

・使ってみた感想

とりあえず勢いで買ったわけですが、ちょっとこの水色は強烈だったかなと若干反省中。水色がちょうど最後の一個だったのでつい。まあ無くしにくいというメリットはありますね。

ケースの厚みですが、当然ながらかなり分厚くなります。スマホ片手持ち原理主義の私としては意に反するもの(完全に片手で弄れないわけではない)ですが、そもそもズボンのポケットには入らず、使うタイミングが限られ、両手が使えるタイミングにしか使わないようになるので結果的にはまあいいかなと。

で、ポケットに入れないならどこに入れるのかという問題になりますが、まずはクリップを活かしてメッセンジャーバッグにつけてみました。

RIMG0620.JPG

まあ悪くないですね。ただ、私既にメッセンジャーバッグのベルトにデジカメのケースつけてて、さすがにベルトに二つもガジェットくくりつけるのはなあwと思い、やめました。

そうなると鞄に入れるわけですが、ここでもちょっと困ったことが。例のホームボタンのカバーの出っ張りのせいで鞄の中でSiriさんが勝手に召喚されまくるのです。入れ方を考えればなんとかなるわけですが、なんとかならないものか…。やっぱりベルトマウントなのか。

あともう一つ。ディスプレイの話なんですが、画面端ギリギリまで保護されているので通知センターとかコントロールセンターへのアクセスが非常に難しいです。指でクイッとやってもなかなかうまくいかないので、ホームボタン三回押してアクセシビリティから呼び出してます。

あとは先述した通り、キャップ類の面倒臭さ。このあたりは機能とのトレードオフになってしまいますが。

とはいえ、あまりケースに恵まれないiPod touchのタフネス系ケースというのは非常に貴重です。まだうまい使用法を思いつかないですが、タフネスを活かした使い方を見つけられるとなかなか便利なんじゃないかと思いました。












posted by tmo1201_blog at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

スマOffったacer liquid z200の感想

いろいろとあってスマOffで入手したacer liquid z200のレビューでもしてみようかと思います。

・今更ながらスマOFFでacer liquid z200を入手
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/424267269.html?1441778782


お家にお迎えした時の図。SIMとセットなのでその日からすぐに使えます。

IMG_1839.JPG

箱を開封し、端末とご対面。

IMG_1882.JPG

予想はしていたものの、やはりプラスチッキーな質感です。そして手に取るとプラスチックのわりには重いと感じました。スペック表を見てみると130gとの表記。重量的にはiPhone6と同レベルですね。

IMG_1883.jpg

そしてけっこうな厚みを感じます。10.3mmあります。ベゼル幅もわりとあるのでホールド感はお世辞にも良くありません。

IMG_1884.JPG

背面はこんな感じ。小さな丸い凹みがたくさんあって滑り止めっぽくなっています。ローコスト端末にありがちな工夫ですね。

IMG_1885.jpg

外観としてはこんな感じです。全体的に見て、やはり安っぽさは感じます。ただ、私はこういういろいろなところを割り切ったグローバル端末臭はわりと好きですw

実際、この端末はComputex 2014でエントリーレベルのグローバル端末として発表されたという経緯があり、もともと日本をメインターゲットに据えて作られた端末ではありません。

おそらく、日本で今、所謂”格安スマホ”(この表現は嫌いですが)ブームがきてるのを見越して、わざわざ技適を取得して日本に持ち込んだのではないかと思います。

Screenshot_2015-08-19-17-28-16.png

また、実はこの端末はacerとしては日本市場で出す最初のスマートフォンだったりもするので、今後の日本市場を狙う上での布石としての意味もあるのかもしれません。

さて、本題に戻ります。

とりあえず端末にSIMカードを挿入し、電源を入れてみました。SIMの挿入後まずやることといえばAPNの設定ですが、この端末はとくに設定することなく普通にアンテナが立ちました。このあたりはSIMとセット販売をすることで得られるメリットですね。

まあそのあたりの独自カスタマイズは感心したわけですが、あまりいろいろなところを弄られるのも考え物です。見慣れない独自ランチャーだとかacer関係のプリインストールアプリなんかが結構入ってます。

Screenshot_2015-08-10-12-46-10.png

中にはacer liquid z200にはフラッシュライトがついてないにも関わらず懐中電灯アプリが入っていたりしてちょっと意味がわかりませんでしたw

とりあえず、独自ランチャーは即座にgoogle nowランチャーに変更。消せるプリインアプリは全部消しました。が、やはり消せないプリインアプリもかなりありました。懐中電灯アプリも消せませんでした。何故。

落ち着くところまで環境構築をし終わったところで、いろいろと動かしてみます。気になっていたDTSレジスタードマーク Studio Soundトレードマーク(TM)を試してみました。

IMG_2070.JPG

acer公式HPのliquid z200のページでもDTSレジスタードマーク Studio Soundトレードマーク(TM)は一つの目玉機能として扱われていたので期待していましたが、低音の迫力とかがDTSレジスタードマーク Studio Soundトレードマーク(TM)オンとオフではだいぶ変わります。あと、Apple Earpodsで試すと「あれ?こんなイヤホンだったっけ?」って気分になれて面白かったです。

HPで目玉機能として扱われていた機能といえばもう一つ、端末背面のカメラの下のこのボタン。

IMG_1887.JPG

acer lapidというボタンで、このボタンに任意の機能を割り当てることでショートカットキーとして機能するという優れもの…のはずなのですが、動くアプリは限られるようです。(もしくはメモリ不足でちゃんと動いてくれない?)期待していただけに残念です。因みにacer lapid長押しでカメラを起動する機能はわりとちゃんと動きます。(ただ画質がアレなので基本カメラ使わないですけどね。)

あとの機能はスペック表見た通りの動きです。RAM512MBだね、仕方ないね。まあ画質もそんなもんよね。みたいな、期待値に対して真っ当な性能を示してくれて良くも悪くもとくに面白みはない感じです。

最後に、このスマOffでは携帯を売らずにliquid z200を10000円+SIM3000円で購入することも可能ですが、正直それはおすすめできません。私が考えるこの端末の価値は、多く見積もっても5000円くらいだと思います。10000円で買うならもっといい選択肢は他にあります。

たまたま売れる端末が手元にあって、+3000円でちょっと冒険がしたい、一つの用途に絞った端末が欲しい、kitkat食べたい、なんて人にはなかなかいいんじゃないかと思います。

以上、簡単でしたがacer liquid z200のレビューでした。








posted by tmo1201_blog at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

今更ながらスマOFFでacer liquid z200を入手

先日お亡くなりになったPolaroid piguですが、サポートから正式な死亡宣告がありました。液晶が割れてる限りは無償交換扱いにならないそうで、交換してほしい場合は6000円払ってくれとのことでした。5000円で買った端末を6000円で再購入するのはさすがにアホくさいので見切りをつけました。短い付き合いでした。

さて、Android4.4端末が手元からなくなってしまったので、他の端末を手に入れなければなりません。(?)ただし私にはお金が無い。と思っていた時に思い出したのがスマOFFでした。

スマオフ|BOOKOFFの格安スマホ
http://mobile.and-market.com/bookoff/


なんと、古いスマホをブックオフに売ると新しい端末が貰えるというキャンペーン。太っ腹です。

キャンペーン登場当初はちょっと話題になりましたが、”当時は”付属データSIMの二年縛りがあったため「微妙じゃね?」という空気が流れてしまい、結局あまり浸透することはなかったように感じます。

ところが状況は変わります。15年4月に二年縛りが撤廃されます。

ブックオフの格安スマホ“2年縛り”撤廃 標準SIMからmicroSIMに変更 - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1504/01/news098.html


そしてさらに状況が変化。15年7月から高速データ通信量が70MB/日から140MB/日に増量。

ブックオフの「スマOFF」、データ容量を1日140Mバイトへ増量 - ITmedia Mobile http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1506/30/news099.html


このようにキャンペーン開始当初からジワジワといい感じに改良が加えられてきています。MVNO戦国時代の昨今ですが、改良が加えられた現行スマOFFはその中でも充分に戦えそうな気がします。

というわけで、実際に端末を売ってきました。売った端末はSoftbankの007HW visionです。

IMG_1412.JPG

世界初のラウンドディスプレイを搭載したスマートフォンで、コレクション的な感じで手元に置いておいたわけですが、Android2.3だったり動作が重かったりでいまいち活用方法が見いだせていませんでした。このまま置いておくなら…と売ってしまいました。

査定の結果、800円の値がつきました。まあこんなもんでしょう。値がつくだけマシです。そこで査定金額と端末無料引き替え券をゲットし、契約カウンターへ向かいました。

契約カウンターに向かうと、店員さんが業務用PCを取り出して対応してくれました。何使ってるのかなーと思ったらまさかのacerのC720というChromeBook。おそらくacerさんの意向でこうなってるんでしょうね。徹底してます。

ただ業務用ルーターの調子が悪いとかで結構な時間待たされてしまいました。店員さんもChromeBookに慣れていないというのもあったかもしれません。契約自体もあまりスムーズでなく、やっぱりあんまり契約取れてないのかな…?と察することになりました。まあそもそも本業じゃないですし仕方ないですね。

とまあそんな感じで手に入れたのがこちら。

IMG_1839.JPG

端末の使用感などは別記事で書こうと思います。









posted by tmo1201_blog at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする