2014年09月12日

小型端末スキーが見るiPhone6/6 Plus

iPhone6/6 Plusが発表されましたね。
思うところはいろいろありますが…確実に言えることはただ一つ。

デカい。

スマートフォンの巨大化がついにiOSデバイスにもやってきてしまったかと思うと残念です。

・小型端末が好き

私は小さい端末が大好きです。
私が言う小型端末というのは、”無理な握り方をせず、片手持ちの状態で、親指が画面左上部に快適に届く端末”を差します。

私の手持ちデバイスで試してみましょう。

・Xperia ray(3.3インチ液晶)

__ 1.JPG

このサイズ感最高です。どうしてSX以降後継機が出ないのか。

・Vision 007hw(3.7インチ液晶)

__ 2.JPG

ラウンドフォルムと相まって非常に手に馴染みます。

・iPod touch 5th(4.0インチ液晶)

__ 3.JPG

ギリギリなんとかなるレベル。正直左上はちょっと辛い。
そうなんです。実は4インチでも辛いんです私。

Android端末はいち早く大画面化の流れに乗ってどこかへ行ってしまいました。
こちらの記事を見ると大型化の歴史がよくわかります。

スマートフォン「画面大型化」の歴史を振り返る - ケータイ Watch
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/mca/20140912_666423.html

私が持ってるAndroidデバイスが未だにAndroid2.3世代なのは、近年小型Android端末が出なくなってきたからです。
もし小型Android端末が現行OSで出てれば、きっと既に買っているでしょう。
OSの進化をも犠牲にして小型の端末に拘る程度に、手にフィットする端末が好きなのです。

そんな順調に巨大化していくAndroid端末を横目に、ギリギリのラインとはいえ4インチを貫いてくれていたiOSデバイスは、ある意味”最後の砦”のような存在でした。

しかしその砦も4.7インチ、5.5インチへと巨大化してしまいました。
人間の手の大きさはこの数年で変わったのでしょうか。

・だけどファブレットはアリだと思う

しかしながら私はファブレットはアリだと考えています。
まるで今までの自論の否定のようにも聞こえますが。

近年ではXperia Z Ultraのようなファブレットが販売されるようになり、もはやスマートフォンとタブレットの境界がわからなくなってきていると言われています。

しかし私は、”スマートフォンとタブレット”という分類分けこそが間違っているのではないかと考えます。
むしろ”スマートフォン、ファブレット、そしてタブレット”という分類の方法をとるべきではないでしょうか。

近年のスマートフォンは当たり前のように5インチ台の液晶を積んでいますが、これらは片手で全ての操作をすることを前提としているようにはとても思えません。
前述した通り、画面の左上に快適に親指が届く液晶のサイズはある程度限定されてきます。

ならば、始めから片手で使うことを前提としたスマートな電話を”スマートフォン”両手で使うことで最大限の操作性を発揮するスマートな電話を”ファブレット”と呼べばいいのではないかと思ったわけです。(暴論)

その上で、ファブレットはアリだと主張します。
それはXperia Z Ultra(6.4インチ液晶)を触った時に初めて感じました。

どういうことか。

つまり、5インチスマホはスマートフォンとしてはデカすぎるしファブレットとしては小さすぎる”帯に短したすきに長し”な端末であると主張します。
(これが言いたかった)

中途半端な大きさのスマートフォンを売るくらいなら、SONYさんを見習ってファブレットを売った方がいいと思います。
片手で使いたいのか両手で使いたいのか、はっきりするべきでしょう。
”間をとって5インチくらいで妥協する”というのは誰も得をしない物の作り方に感じます。
そのような意味で4.7インチと5.5インチというのは、絶妙にダメなサイズ感なんじゃないかと私は思いますね。
…まあ実際に触ったら感想が変わるかもしれませんがw(予防線)







posted by tmo1201_blog at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

もう音楽のためだけに64GBモデルを購入する必要はないのです。iTunesで購入した曲はiOSデバイスでストリーミング再生が可能!

何でみんな教えてくれなかったの…

それは偶然の発見。

ビックカメラ船橋店でヘッドホンの試聴をしてみようかなと思った時のこと。
いつも音楽を聴く時は愛しのXperia rayちゃんを使っているのですが、ちょうどその日は持って出かけていなかったのです。
仕方が無いので、容量確保のため曲を一曲も入れていない状態のiPod touch第五世代(16GBモデル)でヘッドホンの試聴をすることにしました。

曲が一曲も入っていないので純正ミュージックアプリからクラウドマークをタップし、iCloudから購入済みの曲のダウンロードを始めました。
IMG_1142.PNG

「あー、通信料無駄に使っちゃうな…」と思い、半分くらいダウンロードできたところで「もしかして半分は再生できるんじゃないか?」と思って再生。すると…再生された。
IMG_1144.PNG

「あれ?今までこんなことできたっけ?」

「これがいけるなら…」と思い、今度は他の曲をクラウドマークをタップせずに普通に再生してみる。すると同じようにストリーミングで再生されるではありませんか。



この時けっこう興奮していたのですが、もし意外とみんな知ってる常識だったりしたら恥ずかしいので控えめなツイートです。
というのも、最近はXperia rayで音楽を聴く機会が圧倒的に多かったため、iOSのミュージックアプリの機能についての知識に自信が無かったのです。



気になってすぐに調べたかったのですが外出先だったので帰ってから検証することにしました。

帰宅後、さっそく「iTunes 購入済み ストリーミング」で検索。
するとこんな記事がヒットしました。
【※追記あり】これで音楽の容量が1/4に!! iTunesで購入した曲はiPhoneから削除してストリーミング再生で聴こう!(アップス!さんから)

これだ!知りたかった情報は!
ふむふむなるほどと一読。どうやらiOS7の新機能みたいですね。

しかし、これに関する他の記事も探そうと思ったものの、意外にもこれに関する記事は数えるほどしかない。
個人的にはiOS7で一番魅力的な新機能なんだけど…。

「そうかストリーミングできるようになったのかぁ」などと思いつつ、ここで3点の疑問が生じました。

・疑問その1「ストリーミング再生は純正ミュージックアプリのみ対応?」

検証のため用意したのはこのアプリ

IMG_1147.PNG

Scrobbler for iOSというアプリです。
Last.FMという聴いている音楽をシェアするようなSNS(ざっくりですが)があるのですが、それ用の公式音楽プレイヤーです。

立ち上げます。

IMG_1145.PNG

ちゃんとiTunesで購入済みでローカルには保存されていない曲がずらりと出てきてくれました。

IMG_1146.PNG

再生もできました。
検証の結果、外部アプリでも再生できるということがわかりました。
これは嬉しい。

・疑問その2「プレイリストは使える?」

購入済みの曲のみでプレイリストを作成し再生してみました。
問題ありません。ちゃんと使えます。
また先ほどのScrobbler for iOSでもプレイリストの再生が可能でした。

・疑問その3「低速SIMでのストリーミング再生は可能?」

IIJ mioユーザーの私にとっては結構重要なところ。
IIJ mioのクーポンスイッチをオフにした状態(200kbps)で試してみました。
が、こちらは残念ながら微妙です。音が途切れてしまいます。
radikoは200kbpsでもいけるから大丈夫だと思ったんですが、そうはいかないようです…。



ついに本当の意味においてのiTunes in the cloud時代到来

音楽用の容量のために64GBのiPhoneを買ったりする方って結構いらっしゃるかと思います。
そういう人にとってiTunesのストリーミング再生というのは衝撃的なのではないでしょうか。



posted by tmo1201_blog at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

iPod touch第四世代の余生、それは水もしたたるいいデバイスになること

IMG_1131.JPG
新年の初売りでiPod touch第五世代を入手しメイン端末としてのポテンシャルを失ってしまったiPod touch第四世代さん(電源ボタン陥没状態)

IMG_1130.JPG
iPad2も先日iOS7にしたので、私の所有するiOSデバイスの中では唯一のiOS6デバイスとなりました。

最近は専らお風呂用端末になっています。
使用している防水ケースはこちら。
スマートフォン用防水ケース 型番:MJ‐WPC1 | 無印良品ネットストア

IMG_1121.JPG

IMG_1122.JPG

無印良品さんの商品です。説明書を見る限りオーディオテクニカのOEMみたいです。
この防水ケース、実は去年の今頃購入したものですが、今も不自由なく使えています。(フィルム部分がちょっと白っぽく変色してきたけど…)

ジップロックもいいですが、このようなケース型の方が精神安定上よろしいかと。

IMG_1123.JPG

IMG_1124.JPG

IMG_1125.JPG

3箇所でパチっと。この安心感はやはり重要。

IMG_1126.JPG

IMG_1127.JPG

操作性も良好です。実はこの記事も半分風呂場で書きました。
こんなふうに。

IMG_1128.JPG

IMG_1133.JPG

裏はクリアになっているので

IMG_1129.JPG

一応このように写真が撮れます。

IMG_1022.jpg

カメラ使えても何に使うのかは謎ですが。

防水ケースを使えば…お風呂でTwitterやら

IMG_1132.jpg

お風呂で動画視聴やらができます。
音量を少し上げればケースから音が聞こえてきます。こもった音になってしまうのは仕方ないですね。

IMG_1137.JPG

不安定ながらも一応自立します。風呂蓋の上にでも置くと便利かもしれません。

IMG_1140.jpg

縦でも自立します。こちらもちょっと不安定です。

こちらのケース、規格上はIPX7相当の防水性能をもつそうですが、湯船にドボンなんてことはしない方がいいと思います。結露なんかも心配ですし。
(ちなみに湯船にドボンしない状態で結露したことはありません。)

お値段もお手頃ですし、余ってるスマートフォンの活用方法になるのではないでしょうか。

スマートフォン用防水ケース 型番:MJ‐WPC1 | 無印良品ネットストア
posted by tmo1201_blog at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする