2015年03月08日

【IKEA】「この色はあなたです。」のアレと同じ匂いを感じる椅子を買ってみた

使い続けていた勉強机の椅子のキャスターが壊れてしまい、しばらくは騙し騙し使っていたものの、床にけっこう傷がついてきたので、先日椅子を新調しました。

最初はニトリさんで適当なのを探して買おうと思ったんですが、行ったニトリの店舗には椅子がなく、それならばと思ってちょっと遠出してIKEAまで行ってきました。

そのIKEAで思わず一目惚れしてしまった椅子がこちら。
SKÅLBERG(読めねえ)とかいう名前の椅子です。

IMG_1646.jpg

IMG_1647.jpg

なんか既視感あるなと思ってなんだろうと考えたら、アレに似てるなと。iPhone5c純正ケース。

スクリーンショット 2015-03-08 18.09.28.png

大根おろしだのなんだの言われ放題の純正ケース、実際に使ってる人を見たことが無いw
でも今見るとわりとアリなような気もしてくるようなw

iPhone5c純正ケースと同じ匂いを感じた私は迷わずリンゴシールを貼りました。

IMG_1650.jpg

なんとなくマッチしてる気もしないでもないw

IMG_1651.JPG

すごく穴だらけだけど夏涼しくていいのかも。冬場はブランケットを被せればいいわけですし。

プラスチック製なので座り心地を心配していましたが、サスペンションが効くのと、座面がなだらかにカーブしてくれている関係でわりと快適です。

…とりあえず、この椅子が部屋にある限りにおいてはAppleのiPhone5cのチャレンジを忘れることは決してないでしょうw

iPhone5c、実を言うとけっこう好きなデザインだったりします。UIとハードウェアのマッチという意味では一番正解なんじゃないかなと。

もうこの路線は出ないんですかね。iPhone6cとか出ないかしら。iPadでもiPodでもいいからこれ系のデザイン復活しないかなと静かにちょっと期待してたりはしますね。

…とまあこんな感じで、ガジェット脳にやられてしまうと家具選びもこういう変な考え方になってしまうんだなと気づかされた出来事でしたw






posted by tmo1201_blog at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

【断線防止】トラブルレスに生きるためのモバイル用の充電ケーブルの選び方【紛失防止】

ガジェット漬けな我々にとって死活問題なのがバッテリーの問題。

モバイルバッテリーの容量がどうのとかコスパがどうのとかは結構話題になりますが、充電用ケーブルのこともどうか忘れないであげてください。こいつがいないと充電できないわけですから。大事ですよ、ケーブル。

そんな充電用ケーブルですが、こいつはなかなかのトラブルメーカーだったりします。ちょっと雑に扱ってしまうと断線してしまうし、小さいものだから紛失してしまうなんてことも多々あります。誰もが一度は経験したことがあるはずです。私も例外ではありません。

そして私は何本かのケーブルの犠牲と共に、このようなトラブルをどう回避していけばいいのか考え、私なりの結論へと達しました。今回はそれを書いていこうかと思います。

・自宅充電用とモバイル充電用でケーブルを分ける
まずは基本中の基本。自宅用とモバイル用でケーブルを分けましょう。当たり前の話ですが、ケーブルは負担がかかることで断線するものです。ですから、ケーブルの抜き差しは必要最小限にとどめることが重要です。出かける度にACアダプタからケーブルを抜いて持ち出すという行為はケーブルの寿命を短くする大きな原因になります。

では、モバイル充電用にはどんなケーブルを使うべきなのでしょうか。

・モバイル充電用には短いヤツを使おう
モバイルでの充電となると、大抵の場合はモバイルバッテリーからの充電が考えられます。この場合、長いケーブルは煩わしく感じられるのではないでしょうか。また、ケーブルが長いと持ち運ぶ際にケーブルをぐるぐる巻きにすることになり、ケーブルに負担をかけ、断線のリスクが増します。短いケーブルにしておくのが無難です。

・目立つ色にしとく
とはいえ、短いケーブルはその短さゆえに紛失しやすいとも言えそうです。ならば、色で工夫しましょう。ピンクとか黄色とかは比較的目立つのでおすすめです。

…以上を踏まえた上で私が選んだモバイル充電用のケーブルがこちら。

DSC_0478.JPG

左が15cmのmicroUSBケーブル、右が10cmのlightningケーブルです。lightningの方はつい先日購入したものです。microUSBの方は一年以上使ってますが未だに断線する気配なし。



自宅用のケーブルはメーカー純正のものを使用しています。抜き差しを一切行わないので、こちらも断線したことがありません。よくApple純正のケーブルは断線しやすいとか聞きますが、結局は扱いの問題なんじゃないですかね。

以上が私のケーブルについての考え方です。参考になれば嬉しいです。
posted by tmo1201_blog at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

ぷららモバイルLTE定額無制限プラン試用レビュー

西暦2014年ーー

MVNO戦国時代、1000円以内でどこまで使えるのか?という低価格競争も泥沼化を迎え、定額使い放題プランという新たなフロンティアが生まれつつあった…。

…どうもtmo1201です。
この前こんな乞食キャンペーンがあったので試しに申し込んでみました。



ぷららモバイルLTEはNTTぷららが提供するMVNOサービス。ADSLとかひかり回線とかやってるイメージの同社ですが、いつの間にかMVNOまでやってました。もう最近NTT系列の会社はどこでもやってますねMVNO事業w

そんな同社の提供するMVNOサービスは、他のMVNO事業者との差別化を図るためか、ちょっと攻めたものになってます。それが定額無制限プランです。

ぷららモバイルLTE定額無制限プラン
http://www.plala.or.jp/select/lte/museigen/




なんと通信制限で月末泣くこのご時世に(制限されたことないけど)、通信速度3Mbpsとはいえ、通信量無制限!それでいてお値段月額2980円でのご提供!すごいですねー。

そんなぷららSIMが三日限定で初期費用無料、そして初月無料、解約金無料。つまり、タダで一ヶ月試せる。そんな乞食イベントがあったら試さないわけにはいかないでしょう!

そんなわけで


長いことIIJmioのSIMを使ってましたが、無料で一ヶ月使えるのにIIJmioの料金払うのはもったいない気もしたので一度解約しました。

SIMカードが発送されるまでの間は密かに契約していたUmobileのSIMを使うことにしました。U-mobileのダブルフィックスプランは1GBまでは月額680円で使うことができるプランです。

U-mobileデータ専用
http://umobile.jp/service/sim/d/




弟のWiMAXが圏外エリアに入った際の対策として貸していたものですが、こういう時にも役に立ちます。寝かせ回線としては優秀です。

因みにU-mobileの通信速度はこんな感じ。回線品質はIIJmioと比べると悪い印象。速度の数字見ると悪くないですが、なんというか詰まるような感じ。

そんな感じでUmobileでしのぎながらぷららを待ちますがなかなか来ない。。


まだ来ない。。



そしてやっと届きました。

およそ一週間待ったことになります。Amazon慣れなのかすごく待った気がします。

HW-01CにぷららSIMを挿入し、パッケージに書かれたAPNの設定をします。ぷららはLTE対応機と3G専用機でAPNが違うので注意が必要です。HW-01CはLTE非対応なので3G専用機用のAPNで設定しました。

APNの設定も無事に完了。スピードテストを行います。






まあだいたいこんな感じ。上の他にも何回か試してみましたが、少なくとも500kbps以上は出るという印象でした。速度的な不満はほぼ無いと言ってもよいでしょう。ただし利用する環境によって変わるかもしれないのでそこはご了承ください。

前述の通り、近頃このような定額無制限プランを謳うMVNOサービスが続々と増えてきています。しかし一部には”無制限”の定義が曖昧なものもあったりすると聞きます。MVNOサービスの健全な発展を期待したいものですが、果たして今後どうなっていくのか注目していきたいと思います。



posted by tmo1201_blog at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする