2014年10月04日

【マジで】SIMアタプタでマイクロSIMを標準SIMに変換【怖かった】

IIJmioのSIMを使い始めて一年ほど経ちました。
今月から高速通信クーポン量がさらに増大し、一番安いプランでも月2GB使えるようになりまして、ますますキャリア契約が馬鹿馬鹿しくなってきた今日この頃でございます。

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、MVNOのデータ通信サービス「IIJmio高速モバイル/Dサービス」において、10月1日よりLTE/3Gによる高速通信のデータ量を増量すると発表した。各プランにおいて月額料金はそのままに、1GB→2GB、2GB→4GB、3GB→7GBとほぼ倍増になる。
ケータイWatch http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20140918_667325.html


さてそんなIIJmioですが、実は先月と先々月だけプランをミニマムスタートプラン(SIM1枚、月間高速通信料1GB)からファミリーシェアプラン(SIM合計3枚まで、月間高速通信料3GB)に変更していました。

理由は話すと長くなるので別の記事にするとして、プラン変更の結果、SIMが二枚追加投入されました。
そして今回、せっかくだから追加SIMをマイクロSIMにしてみようと思ったわけです。

マイクロSIMとは、標準SIMよりも一回り小さいSIMカードのことです。
現在流通されている主なスマートフォンには基本的にマイクロSIMが使われています。
(因みにiPhoneはナノSIMと呼ばれるさらに小さなSIMカードが使われています。最近ではAndroid端末にもナノSIMが使われ始めていますね。)
一方標準SIMは徐々に使われることが少なくなってきています。

しかし私の所有する端末群は全て標準SIM機だったりします。
では何故わざわざマイクロSIMを調達したのか。理由は簡単。
SIMの世界は小は大を兼ねる世界だからです。

こちらのSIMアダプターを使うことでマイクロSIMを標準SIMに変換することができます。

IMG_1443.JPG

お値段驚愕の税抜き286円。安過ぎて不安になる…。
SIMアダプターは非常にコアな商品なため、このようなやたらと安くてやたらと精度に不安があるようなものしか流通していないのが実情です。

不安を抱えつつ、とりあえずつけてみました。

IMG_1437.JPG

開封前からある程度予想できましたが、精度の関係でアダプターにマイクロSIMをパチンとうまくはめることはできず、補助的にセロハンテープを貼りました。
というか、貼り付けない状態でSIM突っ込んだらSIMスロットで詰まりかけました。
SIMアダプタのせいで端末が死んだらとか思うとマジで怖いっす。

IMG_1441.JPG

とりあえず挿入完了。何度か抜き差しを繰り返しましたが問題ありません。
が、心臓に良くないですねこれは。

なんとか標準SIMに変換できましたが、今現在マイクロSIMを必要とする端末を持っていない私にとっては何の恩恵もありませんw
今後マイクロSIM機を入手した場合にはその恩恵が得られるでしょう。

とりあえず、これだけ格安SIMという存在が知られるようになった今、もう少しマトモなSIMアダプターが流通してくれないかなとは思いました。

amazonでも同じ物が売られてました↓

posted by tmo1201_blog at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

キャラ物目薬

実は最近よく眼科に通ってます。

元々左目の視力が非常に悪く、それが理由でメガネをかけてたりするんですが、視力の悪い左目を補うために右目を酷使するため、目が非常に疲れやすいのです。(”不同視”とか言うそうですが…)
二件ほど眼科を受診してみたもののあまり成果はなく、結論としてはどちらも”できるだけ目を休めるように”ということでした。

というわけで目薬です。



京成船橋駅最寄りのマツモトキヨシで買ってきました。ロート製薬のデジアイです。600円なり。(うろ覚え)
ミクさんのパッケージが売り場でもよく目立ってました。

”ブルーライトダメージに効く”とか書かれてますが、実際どうなんでしょうね?
まあわりとディスプレイを見る時間が多い人間なので効くなら嬉しいんですが。

中身はこんな感じ。
DSC_0393.JPG
本体にミクさん要素は皆無です。

ノズルって言うんでしょうか、目薬が出てくるところが工夫されていて、自由な角度で点眼できるようになっているそうです。
DSC_0395.JPG
たしかになんとなく差しやすい気もする。

実際に差してみた感じとしては、”清涼感がなくてとても差しやすい”といった具合。
この前まで使ってたサンテFXネオ(エヴァver)は清涼感に騙されてる感があったのですが、今回はそういう感じのはないですね。
効果は継続的に差してみないとなんとも言えません。


最後に、デジアイといえばARライブ。
実はこの目薬、専用アプリでパッケージを撮影すると、ミクさんがパッケージの上で歌ってくれるという機能(?)がついてます。

デジアイAR - ROHTO Pharmaceutical Co.,Ltd.
[iTunes] デジアイAR - ROHTO Pharmaceutical Co.,Ltd.



というわけで端末のステージの中で歌ってもらいました。

__.PNG

…謎の絵ですねこれは。







posted by tmo1201_blog at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

低速SIM時代な今こそ見直すべきUQ1day

IIJmioのSIMを使い始めておおよそ一年が経つ私ですが、少しづつ世間でもMVNOとか低速SIMという言葉が聞かれるようになってきたように感じられます。

さて、今日はWiMAXなお話です。

先述した通り、私は低速SIMユーザーの一人です。
私が契約しているのはIIJmioの最安プラン(月1GBの高速通信が可能)で、基本的にはこれで満足しています。
というか、こまめに通信速度を調整しているので未だに高速通信の1GBを使い切ったことがありませんw

ですが、この1GBという容量では少し心細いと感じることもあるかと思います。
もちろん、そんな時にはIIJmioのプランをもっと大容量のプランに変更することで解決できますが、変更が効くのは翌月からになってしまいます。

つまり何が言いたいか。
高速通信なんていつ必要になるかわからない。

使いたい時には思いっきり使いたいわけですが、それがどのタイミングで来るかというものを正確に予測するのは極めて困難なのです。
使うパケット使用量を多めに見積もってしまって、結局全て使い切ることなく使用期限を迎えてしまった…なんてことがあると悔しいですよね。

そこでいろいろと考えていた時、ふとWiMAXのことを思い出したのです。

そういえばちょっと前、WiMAXには1日だけ使いたい放題で契約できるプランがあったような…?
調べました。今も健在でした。

その名もUQ1day

572円で一日中WiMAX使いたい放題です。
契約は全てネットででき、契約すればその瞬間から使えるんだそうで。

これがあれば、急に大量のパケットを使うシチュエーションになっても、低速SIMの高速通信残量を気にすることなくネットライフを堪能できるというわけです。

契約に必要なものはWiMAXルーター(当然ですが)と決済用のクレジットカードだけとのこと。

WiMAXルーターなんて持ってないよ!という方も安心してください。
ヤフオクを漁れば格安で手に入れることが可能です。

一例として私の場合…u-road8000を1円落札しました。
E68B0AC6-8FA9-44F9-A34B-30E7F9BBBBB2.jpg
送料含めて1000円出してお釣りが返ってきました。
何でこんなに売り叩かれてるのかちょっとわからないですが、とにかくお安いですよWiMAXルーターは。
docomo系ルーターなんかとは比べものにならないレベルで安いっす。
(NEC製のWiMAXルーターなんかだとちょっと高くつくみたいですけどね。)

私はまだUQ1dayを実際に使ったことがありませんが、低速SIMのバックアップ回線として非常に優秀な存在なので、もし使う機会があれば使ってみたいと思います。

とりあえずいざという時に備えて、鞄の中にそっとWiMAXルーターをしまっておきます。




posted by tmo1201_blog at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする