2016年11月08日

ネカフェ泊の目覚まし時計にキングジムのめざましイヤホンが便利だった件

終電を逃してしまった。飛び込みで知らない町に泊まろうとしたら周辺のホテルは満席だった。そんな時に心強いのがインターネットカフェ。フードメニューを頼まなければだいたい一泊2000円で泊まれる上、ドリンクバーは無料だし、追加料金を払えばシャワーだって浴びられる。

そんなネカフェ泊だが、欠点を挙げるとするならば「周囲への配慮が必要」であるというところだろうか。そもそもネカフェは宿泊施設ではないから、 隣の席との間仕切りは プライバシーが最低限確保される程度の薄っぺらい板しかなく、ちょっとした音を立てるだけでも隣に聞こえてしまうのだ。

従って携帯電話での通話はもちろんのこと、多くの店舗で目覚まし時計の利用を禁止している。そこで私は携帯電話のバイブレーションを活用して目覚まし時計代わりに使っていたのだが、ポケットに入れた状態では起きられないのでは?という不安感に襲われたりして精神安定上あまり良くはなく、何かいい方法は無いかと探し続けていた。

そこで注目したのがキングジムのめざましイヤホンだった。この製品は電車などでの移動中に目的地を寝過ごしてしまうのを防止するための製品だ。

IMAG0206.jpg

文字通りイヤホンが目覚まし時計代わりになるというこの製品は、イヤホン部分に小さなモーターが装着されており、それが振動することによって目覚めることができるというものだ。

・本体

本体は無印良品のような白色基調のカラーリングで、イヤホン部分だけが青色になっている。

写真.jpg

シャープペンシルとの大きさの比較。小型とは言えないが、誤って紛失してしまうというリスクが少なくなるとは言えそうだ。

写真.jpg

イヤホン部分をApple EarPodsと比較。モーターがある分多少大きくはなるものの、驚くくらい大きいというわけでもない。

写真.jpg

本体前面左側に現在時刻が表示される。よっぽど視力が弱くない限り、メガネやコンタクトレンズを使わなくても視認できる大きさ。その右に並ぶのがアラーム設定に使うボタン。ボタンの出っ張りは最小限に抑えられている。

写真.jpg

本体はコードを巻き付けて収納することを前提としたデザインとなっていて、センター試験の英語リスニング問題で使うアレに似た雰囲気を醸し出している。

写真.jpg

単四電池一本で駆動するため、電池切れでもすぐに調達が可能。充電電池の使用も可能。

写真.jpg

写真.jpg

付属のAUXケーブルを挿せば音楽用のイヤホンとして使うこともできるが、あまり便利ではなさそうなので未使用。

写真.jpg

・実際に使ってみる

めざましイヤホンには「アラーム機能」と「タイマー機能」の二つの機能がついている。「アラーム機能」は通常の目覚まし時計のように、設定時刻に起こしてくれる機能で、「タイマー機能」は指定時間経過後(例えば15分後など)に起こしてくれる機能だ。ここではアラーム機能を紹介したい。

Setボタンを押し、起こして欲しい時刻を上下ボタンで入力。

写真.jpg

写真.jpg

Setボタンをもう一度押すとアニメーションが表示され、現在時刻の画面で目覚まし時計のアイコンが表示されれば設定完了。特段難しい操作は必要とされない。

写真.jpg

写真.jpg

後はめざましイヤホンを耳に付けて眠りにつくだけ。おやすみなさい。



……

………

………ヴヴヴヴヴヴ!!!

ガバッ(´Д`)ハッ!!

耳へのバイブレーションによる目覚めというのは非常に強烈なものがあり、言葉では表しにくいのだが、何よりも不快である。しかしそれ故に確実に起きられる。それも”他の誰にも気づかれることなく”だ。

この”誰にも気づかれることなく”という点がやはりネカフェ泊界においては非常に重要というのは先述の通りである。これはネカフェ泊における革命だと言っても過言ではないかもしれない。ネカフェ泊の予定があるという方は是非とも検討したいアイテムの一つだ。



さて、ネカフェ泊についてはこのブログでも過去に二回記事を書いている。こちらも是非チェックしてみて欲しい。

・ネカフェに泊まる前に知っておきたい7つのこと
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/398548439.html?1478596365
・ネカフェ宿泊時の”歯磨きできない問題”への救世主?「【激落ちくん】歯磨きシート」を試してみた。
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/428530796.html?1478596324

ネカフェ泊を快適に過ごすには少しの工夫が必要だ。ネカフェはインドアでありながらアウトドア的な要素を含む不思議な空間なのかもしれない(?)。
posted by tmo1201_blog at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきた系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

「ばくおん!!」6話に登場した船橋オートを聖地巡礼 #ばくおん

「先輩、覚えてる?昔、千葉のオートレースを見に行ったこと…。」


何の気なしにAmazonプライムビデオで「ばくおん!!」を見ていたら、校長(かわいい)がいきなりこんなこと言って、「えっ?それってもしかして…?」と思ったら、次の瞬間には見慣れた景色が流れていました。


同じようなアングルで撮った実際のふなばしオートの入り口ゲートがこちら。ホンモノはちゃんと”ふなばしオート”ですw

RIMG0080.jpg

遠くからでも黄色で目立つサテライト船橋も劇中の背景に出てましたね。

RIMG0081.jpg

船橋オートの周辺はそこそこ近所で、けっこうな頻度で前を通過します。見慣れた景色がアニメに描かれているとなんだか不思議な感覚を覚えますね。

”オートレース発祥の地”である船橋オートは、2016年3月21日、65年という長い歴史に幕を落としました。遅かれ早かれ、今後施設は取り壊されるのでしょうから、「ばくおん!!」の聖地巡礼をしたいという方は今のうちに行ってみることをおすすめします。

船橋オートは京葉線南船橋駅から徒歩2分程度。



近くにはららぽーとtokyo-bayやIKEA tokyo-bay(”IKEA船橋”から名称が変わりました。)もありますので、ちょっとした買い物ついでにでも是非お立ち寄りください。…と、船橋市民の私が申しております。



…鈴乃木凜ちゃん派です(ボソッ
posted by tmo1201_blog at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきた系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

攻殻機動隊×官民連携サイバーセキュリティ月間イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」に行ってきました

2016年3月5日(土)、攻殻機動隊×官民連携サイバーセキュリティ月間イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」がベルサール秋葉原で開催されたので行ってきました。



このイベントはサイバーセキュリティの普及啓発を広く一般に周知することを目的としたイベントで、より多くの方に興味を持って貰うためか、攻殻機動隊とコラボしたイベントとなっています。

RIMG0057.JPG

会場ではIPA(情報処理推進機構)、JNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)、NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)による展示ブースが開かれ、それぞれのブースを回ると攻殻機動隊のクリアファイルや小冊子(マンガ)、ポスターが貰えるというスタンプラリーが開催されていました。

RIMG0066.jpg

RIMG0067.JPG

こちらの小冊子は2016年3月18日までの期間限定でWEBからダウンロードして読むことができます。15分もあれば読めてしまえる内容ですが、短い物語の中にサイバーセキュリティについて知っておくべきことが濃縮されていてなかなか読み応えがあります。

攻殻機動隊REALIZE x 官民連携サイバーセキュリティ月間
http://cybersecurity.jnsa.org


会場ではスタンプラリーの他にもサイバー攻撃のデモンストレーションも行われており、私が足を運んだ時間帯には、標的型メールに添付されたファイルからPCをマルウェアに感染させてPCを乗っ取るというデモンストレーションが行われていました。

RIMG0058.JPG

原理的には頭で理解していたつもりですが、いざ目の前でPCが乗っ取られている姿を見るとぞっとしますね…。当日のデモンストレーションの様子は主催者がビデオ撮影していたので、そのうちYouTubeにでもアップされるんじゃないかと思います。因みにこちらはIPAが公開しているスマートフォンの乗っ取りの動画です。PCの乗っ取りもこんなイメージだと思うといいんじゃないかと思います。



さて、サイバー攻撃の恐怖ばかりを植え付けてしまっても仕方がありません。必要なのは「今どんな脅威があるのか?」そして「どのような対策方法があるのか?」という情報を常に最新の情報にアップデートすることです。しかし、そのためにIT系のニュースを毎日読むというのはあまり現実的ではなく、多くの一般層が最新の脅威を認識して対策をするというのは非常に難しいことです。

そこでNISCは”みんなのサイバー天気予報”というTwitterアカウントを開設し、広く一般に最新の情報を周知する努力をしています。(残念ながらまだフォロワー数が少ないですが…)



また、IPAもMyJVNというソフトウェアのバージョンチェックツールを無償で公開しています。これを使えば、見逃しがちなFlash PlayerやFirefoxなどの更新情報を簡単にチェックすることができますね。

脆弱性対策情報共有フレームワーク - MyJVN
http://jvndb.jvn.jp/apis/myjvn/


まあそもそも、このようなアカウントやツールがあるということがわからないと仕方がないわけですが、このようなイベントを開催してその存在を周知できると、世の中全体のセキュリティレベルが上がるきっかけになるのではないかと思います。

今回のイベントはベルサール秋葉原で行われたということもあって、当日は多くの来場者で溢れていました。日本に向けてのサイバー攻撃が増加している昨今、一人一人のセキュリティ意識の向上は欠かせないものとなっています。他人事と思わず、自分の問題として捉えることが大切なのだと改めて感じました。

posted by tmo1201_blog at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 行ってきた系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする