2016年06月11日

RICOH WG-M1タイムリープ問題のその後

突如として訪れたRICOH WG-M1のタイムリープ問題。バッテリーパックを外して再び挿入すると、時刻設定がリセットされてしまうというものでした。



前回はRICOHの電話サポートに連絡を取り、点検修理対応になったというところまでを書きました。その続きを書いていきます。

点検修理対応ということで、リコーイメージング東京サービスセンターへ問題のWG-M1を里帰りさせます。送り状を手書きするのが面倒なので、Polaroid piguを里帰りさせた時にも使ったクロネコヤマトのC2というサービスを使いました。



待つこと二日。サポセンから修理見積もりの電話。



購入から1年3ヶ月ということもあり、無償での修理対応ができないことはわかってはいましたが、突きつけられた修理見積もり代金は11340円。ヘタなアクションカムなら一台買えてしまう修理代金だけに、思わずサポセンのお兄さんに「ちょっと考えさせて!(大意)」と言ってしまいました。その後一日くらい修理するかどうか考え、結局修理をお願いすることにしました。痛い出費です。

そしておよそ一週間後、サポセンから修理完了の電話。



IMAG0057.jpg





写真.jpg

写真.jpg

内訳としては、工料10000円、部品代500円、消費税840円。なんだかなあといった感じです。

【関連記事】
自転車兼自動車用ドラレコとしてRICOH WG-M1(アクションカム)を導入(購入編)
自転車兼自動車用ドラレコとしてRICOH WG-M1(アクションカム)を導入(実践編)


posted by tmo1201_blog at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

MoonminiというメーカーのHTC Desire 626用耐衝撃ケースを試してみた

ヤフオク!で落札したHTC Desire 626にオマケとしてついてきた耐衝撃ケースをレビューしてみたいと思います。Moonminiというメーカーのもののようです。

RIMG0119.JPG

ケースを付けて実際に手で持ってみると、ひとまわり大きくなった印象を受けます。ケースによる重量増も相まって、しっかり感があります。

RIMG0121.JPG

ケースの厚みは液晶側から地面に落下しても大丈夫なように2mmくらい厚めに設計されています。

RIMG0126.JPG

端子類はフタをしないタイプ。充電端子の穴は大きめに設定されているため、ケーブルが太くて入らないなんていうことはありません。

RIMG0122.JPG

RIMG0124.JPG

RIMG0125.JPG

電源ボタンと音量調整ボタンはゴム素材で覆われています。

RIMG0123.JPG

ただしケースの上から押すことになるので、ケース非装着時に比べて押すのにちょっと力が必要になります。私はついつい指の腹を使わずにツメを立てるような格好で押してしまいます。

RIMG0129.jpg

RIMG0128.jpg

背面はこんな感じ。ボコボコとした凹凸が耐衝撃ケースっぽさを主張しています。

RIMG0131.JPG

この部分はキックスタンドになっています。

RIMG0132.JPG

RIMG0133.JPG

角度の調節はできないタイプです。

RIMG0134.JPG

動画視聴の際に便利だぞい。

RIMG0135.JPG

さて、実際の使用感ですが、個人的にはちょっと中途半端な製品なのかなと思いました。

そもそもこれは耐衝撃ケースとして売られているもののようですが、耐衝撃ケースとして売るのであれば、キックスタンド機能はつけないでほしかったなと思いました。このケースの背面部は滑り止め加工がされていますが、キックスタンドの部分はそのような加工が一切されていません。そして困ったことに、端末を握った時に一番手が触れる部分がこのキックスタンドのあたりで、せっかくの滑り止め加工が台無しになってしまうのです。さらに、キックスタンド部分は他の部分に比べて若干出っ張りがあり、机上に置いた時にその出っ張りが邪魔に感じられます。

一方で、キックスタンド機能そのものは便利だと思いました。横画面にして動画を見る時だけでなく、横画面に対応したTwitterクライアントでタイムラインを流しておくなど、工夫の仕方によってはいろいろな活用法が見いだせそうです。スマホと別にスマホスタンドを持ち歩く必要がないので、必要な時にパパッと変形できるのは強みかもしれません。



【関連記事】
小型端末原理主義者の私はHTC Desire 626で妥協しました
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/438190438.html?1464946945
posted by tmo1201_blog at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

【悲報】RICOH WG-M1、謎のタイムリープを始める。

どういうわけかドラレコとして活用しているRICOH WG-M1が突然タイムリープを始めました。



状況としては、バッテリーパックを抜いて再び挿すと、日付と時刻の設定がリセットされてしまうという具合。今まではそんなことなかったのに…。



普通に電源オンオフを繰り返すだけではこの現象は起きず。microSDカードをフォーマットしてみたり、抜いてみたり、カメラの設定をオールリセットしたりしても問題は解決せず。

WG-M1をドライブレコーダーとして使っている私としてはこの問題は非常に深刻で、問題が発覚してからすぐにRICOHの電話サポートに問い合わせた結果、故障と思われるのでカメラを送ってほしいとのこと。





残念ながら既に購入から一年以上経過しており、無償での修理は期待できなそう。まだいくらになるのかわかりませんが、修理代金との相談になりそうです…。値下がってる新品をもう一つ買えるくらいの修理代金になっちゃったらやだなーと心配しています。

【つづき】
RICOH WG-M1タイムリープ問題のその後
http://tmo1201-blog.seesaa.net/article/438875387.html?1465635223


【関連記事】
自転車兼自動車用ドラレコとしてRICOH WG-M1(アクションカム)を導入(購入編)
自転車兼自動車用ドラレコとしてRICOH WG-M1(アクションカム)を導入(実践編)


posted by tmo1201_blog at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする